映画『花束みたいな恋をした』監督らが貴重な製作エピソードを語る

映画『花束みたいな恋をした』監督らが貴重な製作エピソードを語る

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

WOWOWは、菅田将暉と有村架純による大ヒット・ラブストーリー『花束みたいな恋をした』を11月27日(土曜 13:00~)WOWOWプライムにて放送、WOWOWオンデマンドにて配信する。

菅田将暉、結婚生報告で小松菜奈への思いあふれる「僕が一つ思ったのは…」

その同日、今作の監督を務めた土井裕泰と孫家邦プロデューサーが出演するオリジナル配信番組『マンスリー・シネマセッション』がWOWOWオンデマンドで配信スタート。番組では、この映画の製作が始まるまでの話や、脚本家の坂元裕二、主演の菅田将暉・有村架純について、撮影現場での2人のこだわりなどの貴重な製作秘話が語られる。

「台本もない中、菅田さんと有村さんにオファーをしました。ラブストーリー だとしか決まっていないにも関わらず、あの『東京ラブストーリー』の坂元さんなら! と引き受けていただいた。『坂元裕二』 という脚本家は役者からも憧れの存在であると感じました」(孫プロデューサー)「シビアな別れのシーンを何時間も撮影した直後に、まったく雰囲気の異なる5年前に2人が出会ったシーンを撮った。まったく違う感情をそつなく切り替える2人の演技力に驚かされましたね」(土井監督)など、ここでしか聞くこ との出来ないエピソードがたっぷりと語られており、『花束みたいな恋をした』をより深く味わえる内容となっている。

さらに当日はWOWOWシネマにて『花束みたいな恋をした』に加え、『リトル・マエストラ』『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』、『溺れるナイフ』、『糸』と、菅田と有村の主演作を2本づつ放送する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加