コロナ再拡大の兆候を注視 栃木でモニタリング検査

コロナ再拡大の兆候を注視 栃木でモニタリング検査

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/22
No image

動画を見る(元記事へ)

新型コロナの感染が再び拡大する兆候をつかむため、栃木県内でモニタリング検査が始まります。繁華街でPCR検査のキットを配るなどして検査に参加してもらおうということです。

検査は栃木県と国が600人を対象に実施します。

このうち300人については県内の繁華街などでPCR検査のキットを配ります。

受け取った人は自宅で唾液を採取して検査機関に郵送します。

残る300人は若い人のデータを集めるために県内3つの学校の生徒らが対象です。

結果はいずれもスマートフォンのアプリで通知されます。

栃木県では8日に緊急事態宣言が解除されています。

国と県は緊急事態宣言が解除された後の状況を把握して再拡大の兆候をいち早くつかみたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加