【名古屋・かきつばた記念】ラプタス逃走V!連覇で重賞3勝目

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

ダート短距離の交流G3「第23回かきつばた記念」が3日、名古屋競馬場で行われ、逃げた2番人気ラプタスが快勝。このレース連覇を達成した。重賞は20年の高知・黒船賞を含め3勝目。JRA所属馬の優勝は4年連続18回目となった。好位を追走した単勝1・7倍の1番人気テイエムサウスダンは3馬身及ばず2着。中央勢が3着までを独占。

◆ラプタス 父ディープブリランテ 母エアラホーヤ(母の父ボストンハーバー) セン5歳 栗東・松永昌博厩舎 馬主・ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 生産者・北海道新ひだか町の藤原牧場 戦績16戦8勝(地方5戦3勝) 総獲得賞金1億3156万4000円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加