映画秘宝が監督120名を爆選!「ばるぼら」稲垣吾郎×二階堂ふみ対談も

映画秘宝が監督120名を爆選!「ばるぼら」稲垣吾郎×二階堂ふみ対談も

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/11/21

本日11月21日に発売された映画秘宝2021年1月号で、「秘宝爆選!映画監督ベスト120!」という第1特集が組まれている。

No image

映画秘宝 2021年1月号 表紙

同特集では、新時代を担うであろう映画監督を、アクション、ホラー、コメディ、インディー、邦画などさまざまなカテゴリーから120人選出。アリ・アスター三宅唱S・クレイグ・ザラーテイラー・シェリダンブリランテ・メンドーサクロエ・ジャオパティ・ジェンキンスカリン・クサマオリヴィア・ワイルドアンディ・サーキスリー・ワネルロバート・エガース黒沢清小林勇貴らが取り上げられている。

第2特集では日本映画の重要人物たちによる対談を6本展開。「ばるぼら」では稲垣吾郎二階堂ふみ手塚眞と三留まゆみ、「私をくいとめて」ではのんと綿矢りさ、「恋するけだもの」では田中俊介白石晃士、「夏、至るころ」では池田エライザ大槻ケンヂ、「シュシュシュの娘」では福田沙紀入江悠といった組み合わせでトークが行われた。

そのほか同誌には「新感染半島 ファイナル・ステージ」の監督ヨン・サンホ、「アンダードッグ」の武正晴、ドキュメンタリー「音響ハウス Melody-Go-Round」に出演した大貫妙子らのインタビューも掲載されている。

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加