鎌田&長谷部出場のフランクフルトは8戦未勝利で11位フィニッシュ...逃げ切り失敗ドローでEL決勝に弾み付けられず《ブンデスリーガ》

鎌田&長谷部出場のフランクフルトは8戦未勝利で11位フィニッシュ...逃げ切り失敗ドローでEL決勝に弾み付けられず《ブンデスリーガ》

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/15
No image

ブンデスリーガ最終節、マインツvsフランクフルトが14日にコーファス・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、MF長谷部誠は60分から途中出場した。

【動画】【海外日本人】古橋亨梧の復帰初ゴール

18日にレンジャーズとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるフランクフルト。直近の7戦未勝利(3敗4分け)によって12位に位置するブンデスリーガの今季最終戦では9位のマインツとのアウェイゲームで、EL決勝に弾みを付ける勝利が期待された。

グラスナー監督はこの最終戦に向け、負傷のヒンテレッガーとリンドストロームを除く主力を起用。鎌田は左のシャドーでのプレーとなった。

立ち上がりからアグレッシブなホームチームの勢いに押されるフランクフルトは、早い時間帯に失点を喫する。10分、シュタハがボックス左で放ったシュートのこぼれ球に反応したイングヴァルトセンにゴール前でうまくキープされると、ボールを取り切れぬまま鋭い反転のシュートをゴールネットへ突き刺された。

すぐさま反撃に出たいフランクフルトだが、相手の強度の高い守備に苦戦。なかなか攻撃に出ることができない。それでも、26分には相手陣内中央で得たFKの場面でコスティッチがゴール前に入れたボールをボレがヘディングシュート。これはGKにセーブされるが、こぼれ球に詰めたトゥタが押し込み、この試合のファーストチャンスを同点ゴールに結びつけた。

この同点ゴールによって初めて自分たちのリズムで試合を進められるようになったフランクフルトは、ソウのミドルシュートなどでチャンスを作り出す。そして、35分には相手陣内中央右で縦に仕掛けたクナウフが相手を抜き切らない絶妙なタイミングでスルーパスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出したボレがボックス右から右足のシュートをファーポストに流し込み、前半の内に試合を引っくり返した。

前半終盤にかけてもフランクフルトペースで試合が進む中、鎌田とハウゲの2シャドーも良い形でボールを引き出してチャンスに絡んでいく。ただ、3点目を奪うまでには至らず。1点リードで試合を折り返した。

迎えた後半、前半同様に入りに失敗したフランクフルトは、立ち上がりの49分にシュタハの右クロスをニアに走り込んだイングヴァルトセンに右足ワンタッチで流し込まれ、2-2に追いつかれてしまう。さらに、55分にはアーロンに右ポスト直撃のシュートを打たれるなど、守勢を強いられる。

これを受け、グラスナー監督は60分に3枚替えを敢行。EL決勝に向けたプレータイムの調整を意識しつつ、長谷部やフルスティッチらをピッチへ送り込んだ。ここまではある程度想定通りとなったが、68分にはエンディカが足を痛めてしまい、レンツの投入を余儀なくされるアクシデントも発生した。

失点以降は鎌田やコスティッチを中心に幾度かチャンスを作りかけるが、決め切るまでには至らないフランクフルト。逆に、72分にはブルクハルトにゴールネットを揺らされるが、ここはオンフィールドレビューの結果、ハンドかGKトラップへのファウルが取られてゴールが取り消しとなった。

その後、試合は一進一退の攻防を見せたが、互いに決め手を欠いたままタイムアップの笛を迎えた。逃げ切り失敗によって8戦未勝利11位でのシーズン終了となったフランクフルトは、18日に行われるレンジャーズとのEL決勝という大一番に弾みを付けることはできなかった。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加