阪神 藤浪の好リリーフで同率4位浮上! 高寺がプロ初安打 原口、佐藤輝が一発攻勢

阪神 藤浪の好リリーフで同率4位浮上! 高寺がプロ初安打 原口、佐藤輝が一発攻勢

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/27
No image

広島に勝利し、岩崎ら阪神ナインはマウンドで喜ぶ(撮影・山口登)

「広島3-7阪神」(23日、マツダスタジアム)

阪神は高寺の適時二塁打、原口、佐藤輝の一発攻勢などで12安打7得点。藤浪らリリーフ陣も好投し、広島に同率4位で並んだ。逆転CS進出に望みをつないだ。

立ち上がりの速攻劇で試合の流れをつかんだ。近本の右中間適時二塁打、大山の中越え適時二塁打、原口の左越え2号2ランで一挙4得点。四回には高卒2年目の高寺のプロ初安打となる右線適時二塁打で加点した。六回には佐藤輝が右越え20号2ラン。球団では1969、70年の田淵幸一以来2人目となる新人から2年連続20本塁打の快挙を成し遂げた。

投げては先発の才木が3回1失点が降板。早めの継投に入り、3番手の藤浪が2回を1安打無失点に抑えるなど、リリーフ陣が踏ん張った。藤浪が勝利投手となり、今季3勝目を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加