8割の女性が「コロナ前より衛生面を気にする」 無神経な人でさえも...

8割の女性が「コロナ前より衛生面を気にする」 無神経な人でさえも...

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/08/01

新型コロナウイルスの感染対策は、周囲の環境を清潔に保つことが鍵になる。蔓延後から、衛生面に気を遣うようになった人も多いだろう。

画像をもっと見る

■「前より気にするように」7割

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女2,168名を対象に、「新型コロナウイルスについて」の調査を実施した。

No image

「新型コロナウイルス蔓延前より衛生面を気にするようになった」と答えた人は、全体で73.7%だった。

関連記事:「帰宅後すぐに手洗い」は7割 新型コロナ流行後から始めた人も

■潔癖症の人がさらに警戒

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

No image

潔癖症の人は、さらに警戒心が強くなったようだ。

「私はもとから潔癖症のようなところがあり、不特定多数が触るようなものが苦手だった。そのため新型コロナの流行があってからは、電車のつり革は絶対触らないようにしている」(30代・女性)

「新型コロナが蔓延してからは、こまめに消毒するようになった。商業施設に置いてあるものはもちろん、自分でもできるように携帯用の消毒スプレーを持ち歩いている」(40代・女性)

■だんだん油断してきている

一時期は衛生面に気を遣っていたが、油断してきているという人も。

「緊急事態宣言の頃にはさすがに警戒して、エスカレーターの手すりを持つことさえ躊躇していた。しかし今は気にせず触っているので、油断しているのだろうな」(30代・男性)

「満員の通勤電車に乗っていることもあり、新型コロナに対する警戒心が薄らいでいる気がする。また感染者が増えてきているので、注意していかなければ」(20代・男性)

■神経質でない人さえ

それほど神経質でない人も、新型コロナウイルスの流行から衛生面への対策を始めた人も多い。

「私は昔から細かいことを気にしないタイプだったけれど、さすがに新型コロナの騒動で少しは衛生面を気にするようになった。やはり、病気になるのが怖いから」(40代・女性)

「自分だけの問題ならば、今でもあまり気にしなかったと思う。ただ自分がかかると周囲に移す可能性もあるので、できる限り対策しようと思った」(30代・男性)

これから先も気を抜かずに、感染対策をしていきたいものである。

・合わせて読みたい→常盤貴子が電車で目撃した乗務員の行動 「泣きそうになった」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加