猫大好き!「プリンタニア・ニッポン」迷子が猫を愛でて妄想するエッセイ発売

猫大好き!「プリンタニア・ニッポン」迷子が猫を愛でて妄想するエッセイ発売

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/11/25

「プリンタニア・ニッポン」の迷子による単行本「妄想猫観察」が、本日11月25日にKADOKAWAから発売された。

No image

「妄想猫観察」(帯付き)

すべての画像を見る(全2件)

「妄想猫観察」は、迷子が猫を見て浮かんだ妄想を描き留めたエッセイ作品。猫の匂いがパンの香りに似ていると感じたことから「タピオカの次はネコパンに違いない」「ヤクザのしのぎになるかもしれない」と、ヤクザが野良猫確保のため抗争する姿を描いたり、狭い土地を「猫の額」と表現するところから猫の額に家を建てて暮らすことを考えたり、妄想をしながら猫を愛でる様子が収められている。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加