タイ警察、デモ隊に放水 集会禁止令も抗議続く

タイ警察、デモ隊に放水 集会禁止令も抗議続く

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/17
No image

タイ・バンコクで行われた反政府集会で民主派のデモ隊に向けて放水する警察(2020年10月16日撮影)。

【AFP=時事】タイの首都バンコク中心部で16日夜、抗議デモを行った民主活動家らに対し、警察が放水砲を使用した。同国政府は5人以上の集会の開催を禁じる緊急命令を出していたが、活動家らは2夜連続で命令を無視してデモを断行した。

同市の主要商業地区には民主派約3000人が集結。逮捕された活動家の釈放を訴え、プラユット・チャンオーチャー首相に暴言をぶつけた。

数百人規模の警察機動隊は隊列をなしてデモ隊に向け進み、解散しなければ放水砲を使用すると警告。その数メートル先では数百人のデモ隊が即席の防御柵を立てて道路を封鎖し、警察に対し「出て行け!」と叫んだり、タイの国歌を歌ったりした。

警察は化学物質を含む青色の水を放出。傘を差して身を守るデモ隊を押しのけた。デモ隊は後に解散したが、参加者の多くは再びデモを行うと誓った。

警察テレビ局によると、警察官4人とデモ参加者11人が負傷した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加