「仙台・青葉まつり」3年ぶり開催 コロナ対策で規模縮小 すずめ踊り参加者は例年の4分の1

「仙台・青葉まつり」3年ぶり開催 コロナ対策で規模縮小 すずめ踊り参加者は例年の4分の1

  • khb東日本放送
  • 更新日:2022/05/14

初夏の杜の都を彩る「仙台・青葉まつり」が3年ぶりに開催されています。

「仙台・青葉まつり」は、新型コロナの影響で去年とおととしは中止されましたが、今年は3年ぶりの開催です。

コロナ対策のため、規模は縮小されていて、すずめ踊りの参加者は55団体1400人と例年の4分の1程度。山鉾は11基のうち巡行するのは1基だけで、コースも定禅寺通のみとなります。

訪れた人「やっとお祭りができるなという感じですね」「外できちんとソーシャルディスタンスも取って、コロナ禍の対策もしてあるので、安心して見られる」

「仙台・青葉まつり」は15日まで開催されます。

khb東日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加