ドリーム・シアター、公式ブートレグ第6弾はバンド結成当初の貴重なデモ音源集

ドリーム・シアター、公式ブートレグ第6弾はバンド結成当初の貴重なデモ音源集

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2021/11/25
No image

プログレッシヴ・メタルの王者ドリーム・シアターが、ライブ、デモ、スタジオ・アウトテイクなどの秘蔵音源を公式ブートレグとして今年6月よりリリース開始した“Lost Not Forgotten Archives”(=忘るまじ喪失音源集)シリーズ。その第6弾がデビュー前のデモ音源『ザ・マジェスティ・デモ(1985-1986)』に決定し、日本盤は2022年1月26日に発売されることが発表された。

本作は、バークリー音楽大学時代に出会ったジョン・ペトルーシ(G.)、マイク・ポートノイ(Dr.)、ジョン・マイアング(B.)の3人でバンドを結成した最初期と、その後ヴォーカル(クリス・コリンズ)とキーボード(ケヴィン・ムーア)を加え、バンド名を“Majesty”とし本格的に東海岸中心にライブ活動を始めた頃に制作したデモ・テープ音源だ。

中でもマジェスティ時代の6曲を収めた”The Majesty Demos 1986”は、当時カセットで制作した1,000本が完売、それがプログレ・メタル・シーンに出回り評判になったことからデビューへの道が開かれていった記念すべきデモ集で、彼らのキャリア出発点がここにあると言える。

それ以前に制作した17曲“The Berklee Demos 1985-1986”は、ヴォーカル入り楽曲になる前のトラックやギターのみの未完成曲、敬愛するラッシュのカヴァー、さらに“ジョンが考える彼のランディ(・ローズ)・ソング”、“マイクが考える彼のディー・ディー・ラモーンによる曲紹介ソング”といった遊び心溢れる瞬間芸的な素材も収録しており、学生時代の彼らの初々しさが伝わってくる記録だ。

かつて自身のレーベルYtsejamレコーズ(Ytsejam=Majestyの逆綴り)より生産限定で発売していたが、このたび新たなエディットを施した上での最新マスタリングと新アートワークによって待望の復刻となった。日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様となる。

このブートレグ・シリーズは、未発表のアーカイヴ音源や、かつてリリースされた作品の最新マスタリングと新アートワークによる復刻CDに加え、初アナログLP化、初のデジタル配信で構成され、向こう数年間にわたってリリースされていく予定となっている。

◎リリース情報
アルバム『ロスト・ノット・フォゴトゥン・アーカイヴズ:ザ・マジェスティ・デモ(1985-1986)』
2022/1/21 DIGITAL RELEASE
2022/1/26 CD RELEASE
SICP 31513 / 2,750円(plus tax)
※高品質Blu-spec CD2仕様 ・完全生産限定盤

Photo: Rayon Richards

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加