玉木宏がサウスポーから豪快始球式 ランボルギーニでド派手に登場、観衆沸かす

玉木宏がサウスポーから豪快始球式 ランボルギーニでド派手に登場、観衆沸かす

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/14
No image

玉木宏【写真:ENCOUNT編集部】

「運転手が羨ましい」の声も

俳優の玉木宏が14日にベルーナドームで行われた西武―楽天戦で始球式を務めた。ランボルギーニでド派手に登場すると、サウスポーから力強いノーバウンド投球。野球ファンからは驚きの声が上がった。

爽やかに大役を果たした。玉木はランボルギーニの助手席に乗って、スタンドに手を振りながら登場。背番号「555」のユニフォーム姿で、グラブは右手にはめている。サウスポーだ。

セットポジションから豪快に足をあげ投球。ストライクゾーンは外れたが、勢いのあるボールを捕手のミットまで届かせた。

この日から2日間開催する「ライオンズ獅子女デー」の一環での始球式。「パーソル パ・リーグTV」の公式ツイッターが実際の映像を公開すると、ファンからは「サウスポーなのか」「カッコ良すぎ」「いいボール投げる」「運転手が羨ましい」「イケメンは登場から最後まで!」などと視線が注がれている。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加