開幕迫る!2年目のD.LEAGUEー株式会社Dリーグの神田勘太朗COOに聞く ー

開幕迫る!2年目のD.LEAGUEー株式会社Dリーグの神田勘太朗COOに聞く ー

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2021/10/14
No image

7月に開幕シーズンを終えた日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(ディー・リーグ)」。2年目のスタートを11月14日に控え、リーグ周辺がザワザワしてきた。初代王者のavex ROYALBRATSはチームディレクターを含めてメンバーが総入れ替えとなり新体制に、そのほかのチームにおいても退団や加入があって動きがある。なによりも新たに2チームが加わって全11チームがぶつかり合うことになり、新シーズンはパワーアップすることは間違いない。 株式会社Dリーグの神田勘太朗COOに聞く。

2021年1月10日に開幕した「D.LEAGUE」。参加した9チームが、約半年のシーズンで12ラウンド、毎回の新たなショーケースでぶつかり、avex ROYALBRATSが最初の王者に輝いた。

「1年目が終わってみて、安堵感とか、達成感とかはまったくありません。それよりも、やらなければならないことが浮き彫りになったので、反省したり、どう改善すればいいだろうとか、ずっと考えています。シーズンが終わってもみんなで乾杯はできない状況ではありますが、自宅でしっぽり一人で浸りながら飲むなんてこともできていません。今も、オフシーズンとは言いながらもチームも僕らも休みなくやっているので、ずっとトップスピードで走り続けている感じで、まだ生みの苦しみのほうを存分に味わっています」と、神田氏は現在進行形で語る。

開幕シーズンは、コロナ禍で、無観客かつ無料生配信でのスタート。12のラウンドもほとんどが無観客で行われ、スタート前に思い描いていた開幕シーズンにはならなかった。神田氏は「集客については当然コロナが理由ですが、コロナで苦しんだのは僕たちだけじゃない。みんな一緒じゃないですか。だから、僕の中では理由にはなっていない」と言う。

「もっと若い子たちに見てほしい」

課題はリーグをより広く浸透させることだという。それも「若い子たち」に。少し意外な答えだ。

「社会人や経営者層だったり、大人の方々にはリーグの存在を知っていただいた感覚があるんですけど、若い子たち、ダンサーではない子たちにもっと見てもらえるようにしたいなと思うんです。もちろん反響は徐々に出てきていて、高校のダンス部だったり、ダンスをやっているお子さんがいる家庭で朝ごはんの食卓で話題に上がってるなんて話も聞きますが、それをさらに広げていくためにも、見られる環境をもっと拡大したほうがいいのか、逆に入口を狭めていくというのもあるのかもしれないとか、2年目は答え合わせをしていかないといけないなと思っています」

神田氏には、バスケットボールならジョーダン、サッカーならメッシとロナウド、メジャーリーグなら大谷というように「ダンサーのスーパースターを作りたい」という強い思いがある。D.LEAGUEで踊るDリーガーがそうしたスーパースターになれるよう、ひとつのやり方として、国内外で人気を集めるオーディション番組を意識している。

「オーディション番組は番組そのものの人気ですが、参加者それぞれにファンがつきます。まずは番組で盛り上がって何らかのタイミングで加速して一般に広がっていきますが、1年目のD.LEAGUEはそういう作りにはなっていなかった」

そうは言っても、昨シーズンはラウンドを重ねるたびに、D.LEAGUEへの熱が上昇していくのが見ていてわかった。例えばSNS。ライブ配信をTwitterの「#Dリーグ」を追いながら視聴していると、コメントは倍増・倍速の勢いで増えていき、最終ラウンドでは最初から追いつくことは諦めた。

「こちらから見かたを提示するのではなくて、いろいろな見方、自分ならではの楽しみ方で見てほしいとも思っていました。最初こそ見方が分からないという声もありましたけど、チーム推しする人もいれば、特定のDリーガーのファンになる人も出てきて。D.LEAGUEを箱推ししてくれる人もいます」

No image

いろいろな面でレベルアップ

課題と対峙しながら1カ月後の開幕に向けて奔走する。各チームの状況にも目を配りながら、神田氏もアクセルをさらに踏み込む。

「1年目はみんな初めてでしたから、ラウンドごとにショーを作って結果を待つということのスケジュールをうまく組んでいくというところに集中していたと思います。それを経験しての2年目ですから、ショーのクオリティー、12ラウンドの戦い方、いろいろな面でレベルが上がってくるはずです。すでにチームのビジュアルも上がってきているんですが、各チーム、昨年のものと比べると仕上がりが全然違っていて、ずいぶんと意識が変わっているのを感じます。期待しかないですね」

もちろん「D.LEAGUE」そのものへの期待も膨らむ。詳細は10月末のプレスカンファレンスを待つとして、大きな変化としては基本的には国内でしか見られない状況だったが海外でも見られるように挑戦していく。まずはアジアが中心にはなるが、国外でもDリーガーたちのショーを見られるようになる。

「ダンス動画を見たいという人は世界中どこにでもいて、勧められることじゃないですがリッピングまでして視聴している人もいるみたいなんです。その部分を過剰に心配しているわけではないんですが、2年目からはちゃんと公式に見られるように準備を進めています。アプリなどで、英語、中国語、韓国語の多言語での展開を予定しています。TikTokを見ていても、ダンス動画って広まりやすいと思いますし、DリーガーやD.LEAGUEをより多くの人に知ってもらえるチャンスになると思います。それにダンサーが発信するコンテンツをちゃんとマネタイズして、ダンスでちゃんと生きていけるようにするというのもまたD.LEAGUEのすべきことだと思っていますから」

優れたコンテンツが、生まれた場所を離れて、海外で展開されるケースはもはや珍しいことではなくなった。まだD.LEAGUEは始まったばかりだが、遅かれ早かれそうした動きもありそうだが……。

「まだそこまでは至っていなくて、日本にD.LEAGUEがあるなら、海外のダンサーが日本に来て踊りたいなという感じで、まだ状況を見ているぐらいじゃないでしょうか。コロナもあって、国境を超えた移動が前のようにもできない状況ですからね。それにダンサーって自由な人が多いですし、耐性がないとなかなか難しいんじゃないかな(笑)」

神田氏には、ずっと前からダンスはもっと影響力のあるものになれると確信がある。D.LEAGUEの成功もまた同様で、すでに手応えはある。「僕は、D.LEAGUEを知っていることが気持ちいいと思ってもらえる世間をつくりたいって真剣に思ってるんですよね」と、神田氏。「D.LEAGUEを見ていること自体が他の人に差をつけられるようになればなって。「D.LEAGUE、見てないなんてありえない」「あのDリーガーを知らないの、ダサい、遅れてるって(笑)」。

「ねえ、昨日のD.LEAGUE見た?」そんな会話があいさつ代わりになったり、職場や学校での話題になる日は確実に近づいている。

(本紙・酒井紫野)

>>次のページでは、D.LEAGUEの各チームのセカンドシーズンへの意気込み

11チームが火花を散らす! 各チームの今シーズンの戦略は?

①チームの得意とするダンスのジャンル②チームのストロングポイント③21-22シーズンの戦略④21-22シーズン、そして最終的な目標

No image

avex ROYALBRATS

①HIPHOP、LAのコレオグラフジャンルであるOPEN STYLE
②エンターテインメント主軸の表現に特化し、さまざまな種類の作品を作ることができるチーム。見ている人の心に残るような作品をお届けします。
③今年のチームは「戦う」というより、ラウンドごとにさまざまなエンターテインメントを表現したい。勝ちにこだわらず、自分たちはいろんなことができる姿を見せていきたいです。
④勝ち負けではなく、まずは自分たち自身が全力で楽しみ、毎回の作品で見てくれる方々も楽しませたいと思っています。そして、作品を見てくださる誰かの人生をより豊かにさせ、その人の心の変化のきっかけになれば良いなと思っています。

回答者:Yuta Nakamura(ディレクター)

No image

FULLCAST RAISERZ

① KRUMP / BREAKING
② 肉体派舞踏集団
③ 自分の経験や培ってきた独自のスタイル、昇華した新たなKRUMPを主体とし、個性あるメンバーをフルに生かして戦います。
④ 今シーズンのチームの目標は、もちろん優勝。その先の大きな目標としては、ダンスの枠を超えて、Dリーガーから更に多方面で活躍いて羽ばたいていけるような存在が生まれたらおもしろいなと思います。

回答者:TWIGGZ”JUN”(ディレクター )

No image

SEGA SAMMY LUX

①躍動感のあるステップ、メリハリのあるシャープな踊りなどJ.S.Bスタイル
②スキルだけではなく、団結力もさらに増した状態で臨みます。SEGA SAMMY LUXの特徴とストロングポイントはどのチームにも負けない圧倒的なアーティスト性があること。ダンスはもちろんのこと、普段の服装からパフォーマンス衣装にもこだわっています。
③開幕シーズンを戦い抜いた8人も宮崎合宿などを行いパワーアップしているので、各メンバーの新たな一面も見せていければと思っています。また得意とするファッション面も、最先端からインスパイアされた、SEGA SAMMY LUXフィルターを通して、お披露目できればと思います。
④開幕シーズンは3位と悔しい結果に終わってしまいました。今シーズンは、シーズンを通じて絶対的王者を目指し、レギュラーシーズン、チャンピオンシップと、1位を目指します。ダンスを一つの媒体とし、アーティストとして、Dリーグに留まらずに、ツアーやCMなどさまざまなジャンルで活躍する。サッカー選手や野球選手がしていることをあらかたやりたいです!

回答者:KENTARO

No image

KOSÉ 8ROCKS

①D.LEAGUE唯一のブレイキン(ブレイクダンス)チーム
②ブレイキンを主体としたメンバーが揃っているため、高速展開していくアクロバットや曲芸のようなルーティン、ブレイキンの花形であるパワームーブが得意です。
③新メンバーも加入しているので、選手、個々人の特徴を生かし、戦っていきたいと思います。
④優勝を目指します。

回答者:ISSEI(ディレクター兼ダンサー)

No image

SEPTENI RAPTURES

①オールジャンル
②全メンバーがオールジャンルを踊れるところが強み。また仲が良く、家族のようにお互いを支え合うチームです。
③開幕シーズンと同様に、毎試合、作品の意味でもダンスの意味でも全く違うRAPTURESをお見せしながら戦っていきます。昨シーズン、ベストディレクター賞を受賞したディレクターのakihic☆彡さんがはまだまだ引き出しがあると…。私たちDリーガーもどんな作品にこれからチャレンジするのか楽しみです!
④ラウンドで満点を出して1位をとること。リーグ優勝。絶対チャンピオンシップ優勝。20-21シーズンでは総合5位でした。あの悔しさは二度と忘れません! 21-22シーズンは絶対に優勝します。

回答者:RIRIKA(リーダー)

No image

KADOKAWA DREAMS

①音楽ジャンルでいうとブーンバップからDRILLまで幅広いHIP HOP、R&B、アフロビーツ、サブカルのイメージが強いボーカロイド、アニソンも得意。それを表現するためにストリートダンスからJAZZ、バレエなどさまざまなダンスジャンルを踊りこなします。
②メインストリームとしてのHIP HOPに関しては間違いなく1番手、それ以外のサブカルチャーも含んだ表現がストリートダンスで可能な唯一のチームで、コアなダンスファン以外にもアピールが可能であること。1つのジャンルに縛られず、広い意味でダンスのバリエーションが広いこと。男女ともに構成メンバーのふり幅が広く男子のチームとしても女子のチームとしても男女混成のチームとしてもその色を変えることができること。
③12ラウンドを4つのシーズンにカテゴライズし、そのシーズンごとにテーマとメンバーを変える予定です。
④D.LEAGUE優勝後、世界一を取り、D.LEAGUEが世界最高峰のリーグだと証明することがステップ1です。

回答者:ディレクター・KEITA

No image

USEN-NEXT I’moon

①JAZZをベースとしたFREE STYLE
②チームメンバーそれぞれの個性。D.LEAGUE唯一の女性チーム
③ダンスを通してメンバーの魅力を最大限に伝えること
④「あの子のこんな姿が見たい!」などリクエストが多いチームにしたい。

回答者:メンバー

No image

Benefit one MONOLIZ

①VOGUE、heel
②10センチのピンヒールを履いているのにそんなにしちゃうのという動きや振り付けをしています。メンバーのほとんどが関西出身のため、オンの時のかっこよさとオフの時の面白さのギャップ具合にもご注目ください。
③メインのジャンルがVOGUE、heelなのですが、それに加えて、JAZZやHIPHOP、DANCEHALLなども踊れるメンバーが多数いるため、いろいろなジャンルをミックスして、MONOLIZのスタイルを確立させてみなさんにお届けして戦っていきます!
④チャンピオンシップへの出場と優勝が目標です! そして、メンバー一人ひとりの個性を幅広い方に知っていただき、チームとして応援してくださるのはもちろん、お気に入りのダンサー、”推し”を見つけたもらえるとうれしいです。

回答者: Ken(チームリーダー)

No image

CyberAgent Legit

①POP、HIPHOP、LOCK、B-BOYING
②各ジャンルのスペシャリストが在籍しています。チーム内でお互いの技術を徹底的に指導しあっています。前シーズンに比較してチームのすべてのプレイヤーが幅広く高い表現力とチーム感を身につけました。
③全員のダンス以外のクリエイティブ能力も結集させて、14作品を通して、“Impossible is nothing”というメッセージを伝えます。
④リーグ内では優勝。見に来る人が10人の名前を知っている状態を作ること。私たちのショウを見て勇気を出してくれる人が出てきてくれること。

回答者:FISH BOY(ディレクター)

No image

LIFULL ALT-RHYTHM

① フリースタイル
② 選手、企業、クリエイティブチームが一丸になっているところ
③ クレイジー&ハッピーで取り組みます
④ 優勝したいです
回答者:野口量(ディレクター)

No image

dip BATTLES

①オールジャンルを混ぜたスタイル
②SHUHO:様々なジャンルに特化したダンサーが揃っているので、それを生かしたフュージョンスタイルやラウンドごとの世界観のふり幅が特徴です。
Karim:ダンスの様々な側面を表現できるので、ダンスの知識や歴史といったナレッジや各ジャンルの奥深さを感じられることが強みです。その上で、メンバーの個性を大事に、一人ひとりが持っている魅力を存分に発揮したパフォーマンスを堪能していただけると思います。
③SHUHO:作品によってさまざまな世界観やジャンルを提案していきます。
Karim:このチームの強みを生かした爆発的なバイブスや落ち着いたグルーブなど、表現のふり幅を最大に使った作品で勝負します。
④シーズン優勝です。

回答者:SHUHO(ディレクター )、  Karim(リーダー)

■D.LEAGUE公式サイト:https://home.dleague.co.jp/

紫野酒井

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加