葛飾区の焼肉材料店『コーサン』 最高の焼肉弁当がここにある

葛飾区の焼肉材料店『コーサン』 最高の焼肉弁当がここにある

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/09/17
No image

知れば知るほどやみつきになる、奥深き焼肉材料店の世界。焼肉材料店といっても特徴はさまざまだが、葛飾区柴又にある『コーサン』は、焼肉材料だけでなく絶品の弁当を提供していることでも知られている。

画像をもっと見る

■弁当だけでなく肉も

No image

コーサンの焼肉弁当はワンコインから上物を使った1000円以上の弁当まで種類豊富だが、記者のおススメはカルビとハラミが1人前ずつ入った牛ミックス弁当(990円)。

No image

弁当以外にも一般的な焼肉店で売られている惣菜や味付けの生肉も豊富なので、まず弁当で味を見てから肉などを買ってみてほしい。

関連記事:ほっともっとの新作弁当 カルビ肉の大きさが予想外すぎる

■ほかほかご飯と焼肉の相性は最高

No image

牛ミックス弁当に入る肉の量はかなりたっぷりで、ナムルと大根のキムチもついており、バランスもばっちり。

No image

焼きはおそらくフライパンだが、絶妙な火加減で仕上げてくれるので非常にジューシー。ほかほかのご飯と一緒に食べれば…まさに天国である。もう弁当チェーンの焼肉弁当では満足できない体になってしまうだろう。

■タレはやはりご飯向け

No image

コーサンの肉はどれも美味しいが、おススメは上カルビ。上でも1人前690円と焼肉店で食べるより安いのだが、味はそこらへんの焼肉店顔負けのもの。

No image

別でも買えるタレは醤油強めの濃い味で、お酒よりもご飯に合うタイプ。弁当も販売しているだけあり、米との相性を究極まで高めているのかもしれない。

■知れば知るほどハマる焼肉材料店の世界

No image

ホットプレートで焼くと、香ばしいタレと脂が合わさった香りがたまらない。こだわるなら炭火を起こしてもいいが、ハマると週2ペースで焼肉材料店に行くことも多いため、なるべく手軽に済ますのがベスト。

No image

弁当もいいが、炊き立てのご飯と合わせても格別。葛飾区には焼肉材料店が数軒あるが、コーサンは弁当も売られていることや、タレとご飯との相性がいいことを考えると、一人暮らしの人にはとくに勧めたい。

もちろん大人数のパーティーに焼肉材料を買いに行ってもいいし、使い方は自由。知れば知るほどハマる焼肉材料店の世界、ぜひ一度体験してほしい。

【コーサン】

住所:東京都葛飾区柴又1丁目12−12

・合わせて読みたい→ファミリー客や若い層に人気か? 焼肉店「牛角が好き」4割超え

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加