『監察医 朝顔』上野樹里の“母娘ショット”公開 撮影裏話に「素敵」と反響

『監察医 朝顔』上野樹里の“母娘ショット”公開 撮影裏話に「素敵」と反響

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/01/14
No image

上野樹里<画像をもっとみる>

女優の上野樹里が主演を務め、法医学者と刑事という異色の父娘を描く月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式ブログが12日にブログを更新。法医学者役の上野と赤ちゃんの2ショットとともに撮影の裏話をつづると、ファンからは「素敵なお話」「胸熱です」などの反響が寄せられた。

【写真】上野樹里、娘役の赤ちゃんと2ショット

『監察医 朝顔』は、東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任三郎)や夫の桑原真也(風間俊介)とともに懸命に遺体と向き合う姿を描く、2019年7月期に放送されたドラマの続編。第2シーズンでは、あることがきっかけで父に代わり1人で東北の地を訪れ、母の遺体を探す朝顔の新たな物語が紡がれる。11日に放送された『監察医 朝顔 新春SP』では、朝顔と桑原の馴れ初めや朝顔の妊娠から出産までの過程が描かれた。

そんな新春SPの放送から一夜明けた12日に公式は「みなさん気づきました…?実はこっそり『つなげて』ました!」と題されたブログを投稿。朝顔と赤ちゃんの頃のつぐみの写真を公開しつつ、新春SPの1シーンについて「朝顔さんが、つかまり立ちする頃のつぐみを思い出すシーンがありました。覚えてらっしゃいますか?」と尋ねると「実はあのシーンの赤ちゃんは、2019年7月から放送させていただきました『監察医朝顔 第1シーズン』で、朝顔さん、平さん、桑原さんと
つぐみが生まれた記念写真で、つぐみ役でご出演いただいた赤ちゃんなんです!!」と明かした。

続けて公式は「ドラマの業界用語で、時系列に合わせて同じもの(人や物)を使用することを『つなげる』と言います」とつづると「ちゃんと、つぐみちゃんも去年から『つながってた』んです」と結んだ。

公式が公開した“母娘ショット”と撮影裏話にファンからは「素敵なお話ですね」「母娘ショット素敵」「素敵なエピソードに胸熱です」といった声が集まった。

引用:ドラマ『監察医 朝顔』公式ブログ

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加