『黎の軌跡』結社《身喰らう蛇》の執行者や謎のAIキャラクターが新たに公開

『黎の軌跡』結社《身喰らう蛇》の執行者や謎のAIキャラクターが新たに公開

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/07/21
No image

日本ファルコムは7月21日、「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ)』の公式サイトにて、最新情報を公開した。本作の発売日は2021年9月30日。

今回の更新では、「軌跡」シリーズを通して暗躍する謎の結社《身喰らう蛇》より、殺人拳の使い手「《痩せ狼》ヴァルター」、かつて暗殺集団に所属していたという妖艶な美女「《黄金蝶》ルクレツィア」、主人公ヴァンの姿を《魔装鬼(グレンデル)》へと変化させる能力を持つ謎のAI「メア」といった登場人物を紹介。

さらに、物語に登場する新たな舞台「クレイユ村」「龍來(ロンライ)」に関する詳細も公開されている。

■『英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ)』公式サイト(※2021年7月21日15時更新)https://www.falcom.co.jp/kuro/

以下、リリースより。

キャラクター紹介

《痩せ狼》 ヴァルター・クロン CV:吉水孝宏さん 年齢:37歳

No image

「――つれねえことを言うなよ。 アークライド先生には前の依頼で世話になってなァ。」

結社《身喰らう蛇》に所属する執行者No.Ⅷで、暴力的な気配を纏う戦闘狂。共和国三大拳法の1つ《泰斗流》の使い手リュウガ・ロウランの一番弟子であり、ジンやキリカにとっては兄弟子にあたる存在だった。

門下生の頃からすでに武術の腕は常人の域を超えていたが、それゆえに“力”そのものに魅せられてしまい、師であるリュウガを殺め人を活かす“活人拳”ではなく人の命を奪う“殺人拳”を磨く道へと進んでしまった。

現在は共和国内でとある若者を追跡しているらしく、ヴァンたち《裏解決屋(スプリガン)》とも接触することになるが……。

No image
No image
No image
No image

《黄金蝶》 ルクレツィア・イスレ CV:植田佳奈さん 年齢:29歳

No image

「うふふ……今時の若い子には、 どんな“おひねり”が悦んでもらえるやろねぇ?」

《黄金蝶》の異名を持つ、結社《身喰らう蛇》の執行者No.Ⅲ。常に素顔をベールで隠しているため表情が伺えないうえ、はんなりとした雅な言葉遣いが特徴で腹の内を探りきれない独特の雰囲気を持つ。

かつては《月光木馬團》と呼ばれる暗殺組織に所属していたが、結社との抗争に敗れ軍門に下ることとなった。

異形にして長大、バターナイフのような形をした《ダスクグレイブ》を振るい、空間ごと抉り取ってしまう凄まじい攻撃を繰り出す。

No image
No image
No image
No image

メア/Mare CV:長縄まりあさん 年齢:??歳

No image

「アタシに任せて! シャード解放―― 悪夢を纏え(テイク・ザ・グレンデル)!」

ヴァンの戦術オーブメント《Xipha(ザイファ)》にインストールされている特別製のホロウコア(支援用 AI)。かなり自己主張の激しいタイプだが、AIとして設定されたパーソナリティであり“自由意志”は存在しない。

普段はほかのホロウコア同様、音声ガイドによるサポートを行なっているがヴァンの身の回りで“何か”が起こることでホログラムのようなアバターとして現実世界に顕現する。

その際はAIにはあり得ない“意志”を自ら示し、ヴァンの全身を“悪夢を纏った”姿――壮絶な殲滅力を振るう《魔装鬼(グレンデル)》へと変貌させる。

No image
No image
No image
No image
No image

舞台紹介

クレイユ村

No image

カルバード北西、レミフェリアやオレド自治州に通じる田園地帯に位置する人口1000人程の農村。周辺には美しい田園風景が広がり、北西には遥か遠くのノルド東部へと至る丘陵や山脈が望めるため、首都圏から保養に訪れる者も少なくない。

国境に近いことから猟兵団が食料調達や休息で立ち寄ることもあるが、各方面への宿場町として機能している村で揉め事を起こすのはどの団も禁じているらしく、その点については住民もあまり目くじらを立てていないという。

No image

龍來(ロンライ)

No image

カルバード最東端、天山連峰とイシュガル山脈の狭間に位置する人口約2万の地方小都市。古くから大陸東方への玄関口として行商人が往来していたが、大陸東部の不毛化にともない年々往来が減少。

しかし、周辺では茶葉の栽培が盛んで、温泉が湧き出ることから保養地・観光地として一定の人気を維持している。

町並みは東方様式だが、ラングポートの東方人街のような派手さはなく、わびさびも感じさせる鄙びた(ひなびた)雰囲気。月華流・崑崙流・泰斗流の東方三大拳法を修める者が修練のために訪れる場所としても知られている。

No image

【ゲーム情報】

タイトル:英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ) ジャンル:ストーリーRPG 販売:日本ファルコム プラットフォーム:PlayStation 4 発売日:2021年9月30日 価格:  通常版:8580円  SPRIGGAN Edition:1万780円  ダウンロード版:8250円 CERO:C(15歳以上対象)

画面は開発中のものです ©2021 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

■関連サイト

『英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ)』 公式サイト

『軌跡シリーズ』 ポータルサイト

日本ファルコム 公式Twitter

Zenon/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加