阪神・湯浅が気迫の投球でピンチ脱出「アツアツな投球ができた」1点リードを死守

阪神・湯浅が気迫の投球でピンチ脱出「アツアツな投球ができた」1点リードを死守

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/05
No image

8回、ピンチをしのぎ、西勇とタッチを交わす湯浅(撮影・飯室逸平)

「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

自ら「“アツアツ”の投球」と振り返る、気迫の投球で1点のリードを死守した。八回に4番手でマウンドに上がった湯浅。先頭の野間に安打を許して無死から走者を背負う。さらに菊池涼の送りバントに抜群のフィールディングで対応して二塁に送球するも、ベースカバーに入った中野の対応が遅れて無死一、二塁にピンチが拡大した(記録は中野の失策)。

だが、ここから湯浅がギアを上げた。鬼の形相で広島のクリーンアップと勝負。秋山を左飛に打ち取ると、梅野のサインに首を振った末にマクブルームをカーブで空振り三振。さらに坂倉も三振に斬って、ピンチを脱して見せた。

「ランナーを背負ってしまいましたが、ひとつずつアウトを取っていこうと、しっかり切り替えて投げられたことが、抑えられた1番の要因かなと思います。アツアツな投球ができたと思います」。自身の名前(京己:アツキ)に引っ掛けたコメントで渾身(こんしん)の投球を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加