GLAY・TERU、重岡大毅“北”の後ろで蟹を持ってエキストラ出演「贅沢」

GLAY・TERU、重岡大毅“北”の後ろで蟹を持ってエキストラ出演「贅沢」

  • TVerプラス
  • 更新日:2022/08/06

ジャニーズWESTの重岡大毅が主演を務めるドラマ24『雪女と蟹を食う』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第5話が8月5日に放送。ネット上では、GLAY・TERUが数秒出演したことから驚きの声があがった(以下、ネタバレが含まれます)。

【動画】『雪女と蟹を食う』の最新回を視聴する

原作はヤングマガジンおよびWEBで連載されて大人気を博した、新進気鋭の漫画家・Gino0808による同名作品。冤罪により人生が狂い自殺を決意した男・北(重岡)と、時に雪女を彷彿とさせるような謎多きセレブ妻・雪枝彩女(入山法子)による奇妙な2人旅を描く、文学的でサスペンスフルなラブストーリー。

2人を乗せたフェリーは北海道に到着。活イカ踊り丼を食べていると、彩女は北海道に来るのが夢で、とても幸せだと笑顔をみせる。しかし、北は遠い目をする彼女が気になった。

北と彩女は市場を歩く。「食べすぎたかも。朝から腹いっぱい……」と話す中で、蟹を売っている店を見つけた。それはテレビ番組で見たあの店だった。彩女も同じ番組を見ていたのだが、その中継には、女性と食事を楽しむ夫・一騎(勝村政信)が映っていた。

2人は稚内を目指す中で、札幌のホテルへチェックイン。北は、彩女がシャワーを浴びている間、彼女の手帳をこっそりと見た。『雪女と蟹を食う』とタイトルが書かれている日記で、そこには北と出会ってからの心情が綴られていた。日記を見ていたことがバレると、あなたは死ぬ覚悟ができていない、と彩女。「私は生きていくのにどこかひとつ欠けているの。ごめんなさい」と言われ、2人の気持ちがすれ違ってしまう。

北が外に出て、もの思いにふけっていると道に迷ってしまった。夜には、警察に話しかけられ逃走。コンビニ前にて空腹で座り込んでいると、マリア(久保田紗友)に声をかけられ、彼女にカレーをごちそうしてもらう。マリアのおかげでホテルを見つけるが、すでに彩女はチェックアウトしていて……。

ネット上では、市場のシーンでTERUがエキストラで1シーンのみ出演していたことから「贅沢」「蟹を持って楽しそう」との声が。また、北の着用するTシャツが蟹の絵に「たこ」と書かれたものであったため「気になる」「シュールすぎる」とのコメントがあった。

次回は8月12日に放送。2人は離ればなれに。北は蟹を食べようとするが……。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加