鳩の駆除にかかる費用は?|業者に依頼する場合の値段と業者の選び方を紹介

鳩の駆除にかかる費用は?|業者に依頼する場合の値段と業者の選び方を紹介

  • TravelBook(トラベルブック)
  • 更新日:2021/10/14

公園などで鳩がエサをついばんでいる姿はのんびりとした光景で、遠くから見る分には癒やしさえ感じられるかもしれません。しかしベランダなどに営巣されてしまうと大量のフンでたちまち汚され、大変なことになります。また鳩のフンには病原菌やウィルスが含まれるため、衛生的にも問題が。家に鳩が立ち寄るようになったら巣を作られる前にプロの鳩駆除業者に相談しましょう。早めに連絡することでかかる費用も抑えることができます。ここでは鳩の駆除にかかる費用や業者の選び方などをまとめました。鳩の主な被害や自分でできる対策なども紹介するので、鳩被害に悩んでたらぜひ参考にしてください。

ファミリーのライフスタイル記事を探す

想像よりも怖い!鳩による被害とは?

No image

鳩は菌やウィルスを媒介します。もちろんフンにも大量に含まれるため、フンが蓄積している場所をそのままにしておくのはとても不衛生。また鳩被害はフンによるものだけではありません。ここでは鳩による主な被害を5つ紹介します。健康な大人ならそれほど神経質になる必要はありませんが、小さな子どもやお年寄り、妊婦がいる場合は注意した方がよいでしょう。

感染症のリスクが高まる

鳩のフンには多くの病原菌やウィルスが含まれており、乾燥すると細かい粒子となって空気中に漂います。知らずにこれを吸い込むとさまざまな病気を発症してしまう可能性があります。鳩のフンから感染する病気として代表的なものは、オウム病やサルモネラ食中毒、トキソプラズマ症など。中でもトキソプラズマ症は妊婦が感染すると胎児に影響を与える場合があります。

飛び立つ時にも注意!

鳩の体自体にもカビやダニ、寄生虫、シラミなどが付着しています。そのため鳩が飛び立った時、羽からそれらが飛び散る可能性があるので注意が必要。風圧を感じた時に息を吸い込んでしまうとアレルギー症状を引き起こすことも考えられます。健康な大人であれば抵抗力があるためそれほど心配いりませんが、抵抗力の弱い子どもやお年寄りは注意が必要です。

美観を損ねるだけでなく、安全性にも問題が

鳩のフンは建物の美観を大きく損ねます。しかしそれだけではありません。鳩のフンは強い酸性なので、ベランダの金属部分などに大量のフンが付着しつづけると変色・腐食する恐れがあります。実際、2007年にアメリカで多くの被害を出した「ミネアポリス高速道路崩落事故」は、鳩のフンによる鉄骨の腐食が事故原因のひとつだと発表されています。

ゴキブリなど害虫を呼び寄せることも

毎日体重の約10%の食事を必要とする鳩は一日あたり約30g、1年間では約10kgものフンをします。そして堆積したフンは、なんでもエサにしてしまうゴキブリを始めとするさまざまな害虫を呼び寄せてしまいます。鳩被害に加えゴキブリ被害にまであってしまうのは衛生的にもかなり問題。もちろん精神的にも大きなストレスとなります。

悪臭や鳴き声の問題

鳩のフンは湿っていても乾いていても独特の悪臭がします。大量のフンが堆積してしまうと窓が開けられなくなるほどのニオイになることも珍しくありません。夏ともなるとそのニオイは耐え難くなることも。また鳩の鳴き声も無視できません。縄張り争いや求愛行動などから早朝から鳴くこともあり、ゆっくり寝ていられないと悩む人も多くいます。

自分でできる鳩対策は?

No image

鳩は鳥獣保護法で守られている動物なので、許可なく捕獲したりケガを負わせたりした場合は法律違反になってしまいます。ヒナや卵を移動することも同様です。しかし鳩は営巣してしまうとなかなか出ていかず被害も拡大していくので、早めに対応しましょう。ここでは法律に触れることなく鳩対策ができるいくつかの方法を紹介しますので、参考にしてください。

「休憩鳩」のうちに早めに対応する

羽休め程度に立ち寄るだけの鳩を「休憩鳩」と呼びます。滞在時間も短く被害もそれほどないので放置しがちですが、そのままだと鳩はそこを安全な場所と認知して滞在時間がどんどん長くなり、最終的には営巣されてしまいます。そのため休憩鳩のうちにしっかり対応することが大切。鳩が来るたびに追い払ったり、剣山や忌避剤を設置したりするなどして寄せ付けないようにしましょう。

被害場所をキレイにする

鳩は隠れるところの多い場所を好みます。鳩による被害が多い場所にべランダがありますが、ここが物置状態になっていると鳩が潜んでいることに気づかず、いつのまにか営巣していたということがよくあります。そうならないためにも鳩が来る場所は日常的に掃除しましょう。特に室外機や給湯器の下は鳩が潜みやすいので、定期的にチェックする必要があります。

市販のアイテムを活用する

ホームセンターやネット通販には目玉風船やフクロウ型反射板、超音波発生器など鳥よけアイテムが豊富に販売されています。それらをうまく活用して鳩を寄せ付けない環境を作り上げるのもよいでしょう。磁石やCDなどを設置するのもおすすめです。しかし効果の高い防鳥ネットや防鳥ワイヤーは設置に危険が伴うので避けた方がよいでしょう。

場所別に見る鳩駆除の相場

No image

鳩は一度その場所に巣を作ってしまうとなかなか出ていきません。市販のアイテムを使っても一時的にしか効果がなかったという声もよく聞きます。しかしいざ業者に頼もうと思っても気になるのはその費用です。一体どれくらいかかるのか不安で相談できないという人もいるのではないでしょうか。鳩被害が多い主な場所はベランダや太陽光パネルの下。ここではそれぞれの相場を紹介します。

ベランダの場合

鳩駆除にかかる費用は一般的なベランダの場合、約3~10万円が相場です。鳩よけネットの設置だけ依頼する場合は3万円~5万円程度で収まることが多いよう。しかし料金は施工面積や被害状況、足場設置が必要かどうかなどで変動するため、事前の訪問見積もりが不可欠です。ただし相場より安すぎる業者は駆除技術に問題がある場合が多いのでおすすめできません。

太陽光パネルの場合

太陽光パネルの下などに営巣されてパネルにフンなどがついてしまうと故障や劣化の原因となってしまいます。太陽光パネルが故障した場合その費用は鳩駆除費用の何倍にもなるため、早めに対応しましょう。太陽光パネルでの鳩駆除は高所作業で足場を組む必要があるので、ベランダよりも費用は高め。大体10万円~30万円程度が相場となります。

鳩駆除業者はどうやって選ぶ?駆除方法やかかる時間も紹介

No image

鳩は鳥獣保護法で守られているため個人では駆除できません。また市販のアイテムでは効果が一時的で長続きしないことも。2度と鳩被害に合わないためにも鳩対策はプロの業者への依頼がおすすめ。ここでは信頼できる業者の選び方や依頼の仕方、駆除の作業内容などを紹介します。悪徳業者に会わないためにも鳩駆除業者は慎重に選びましょう。

業者を選ぶ時に抑えたいポイント

鳩駆除専門の業者でない場合、鳩の駆除実績を持っているかどうか確認しましょう。口コミなどがあれば要チェックです。鳩だけでなく、害鳥・害虫駆除は一回駆除してそれで終わりというわけにはいきません。その後の生息状況や飛来状況を見ながら対策を変えていく必要があります。そのため保証やアフターフォローが充実している駆除業者を選びましょう。

数社に見積もりを提出してもらう

ネット検索などである程度候補を挙げたらまず電話してみましょう。メールもいいですが、電話だと相手の対応によって信頼度がある程度分かるというメリットがあります。そして印象のよかった2、3社を選び現場見積もりをもらいましょう。この時概算でしか見積もりを出さずに作業に入ろうとする業者は避けた方が無難。作業後高額請求してくる可能性があります。

駆除方法やかかる時間は?

鳩の駆除は一般的に基本料金で、「鳩の追い出し」「フンの清掃・消毒」「ネット設置や忌避剤による再発防止施工」などを行います。もちろん施工方法は業者によっても違いがあり、中には追い出し以外はオプションとなる場合もあるので、見積もり時などに確認しましょう。駆除にかかる時間はベランダにネットを張る場合で約3~4時間。太陽光パネルなら約4時間~6時間程です。

鳩駆除の相場を知って賢く依頼しよう!

No image

鳩駆除にかかる費用相場を知っておくと安すぎたり高すぎたりした場合に注意することができます。もちろん費用は駆除する場所や被害状況によっても変動するので、依頼する時に詳しい内容をしっかり説明してもらいましょう。この時作業後追加請求がないか確かめておくとより安心できます。抑えるべきポイントを抑えて、信頼できる業者を選んでくださいね!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加