元気に活躍してほしい 小瀬鵜飼の鵜に予防接種 岐阜県関市

元気に活躍してほしい 小瀬鵜飼の鵜に予防接種 岐阜県関市

  • ぎふチャン
  • 更新日:2023/01/25
No image

予防接種を受ける鵜=25日午前、関市小瀬、足立太一鵜匠宅

関市の小瀬鵜飼で昨シーズン活躍した鵜の予防接種が25日、鵜匠の家で行われました。

今回は小瀬鵜飼の3人の鵜匠が飼育する計35羽に予防接種をしました。

No image

うっすらと雪が残る中、獣医師が鵜匠の足立太一さんの自宅を訪れ、10羽の鵜に伝染病であるニューカッスル病の予防接種を手際よく行っていきました。

No image

※鵜匠 足立太一さん
「非常に全部の鵜が元気ですし、今年も一生懸命、活躍してくれるだろうと思っています。小瀬鵜飼の魅力は、素朴さと船頭と鵜匠、それから鵜が織りなす魚をとるという情緒を間近で楽しんでいただけるということ」

関市によりますと、昨シーズンの小瀬鵜飼は大雨の影響などで鵜飼の中止日が54日ありましたが、新型コロナウイルスの影響で鵜飼の実施日が大きく減った前の年に比べると、観覧客数は約2000人多い4436人となりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加