中日・大島「勝野に勝ちを付けてあげたかった」 V打含む3安打で勝利けん引

中日・大島「勝野に勝ちを付けてあげたかった」 V打含む3安打で勝利けん引

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇セ・リーグ 中日3―1ヤクルト(2020年8月1日 ナゴヤD)

No image

<中・ヤ>8回無死満塁、大島は勝ち越しとなる右前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)

中日・大島が決勝打を含む3安打2打点と大活躍。

初回無死一塁から右前打で好機を拡大し、先制点につなげると、3回2死から右前打。さらに1―1の8回無死満塁では右前へ決勝の2点打を放ち「何とか勝野に勝ちを付けてあげたかった。自分が決めてやると打席に入った」と胸を張った。

試合前の得点圏打率・138は規定打席に達している打者ではリーグ最下位。「自分の中で苦しんでいる部分があったが、今日をきっかけに打っていきたい」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加