菊地亜美さん「産後は涙腺が緩い...幻聴も?」の告白に「全部わかる...」

菊地亜美さん「産後は涙腺が緩い...幻聴も?」の告白に「全部わかる...」

  • CHANTO
  • 更新日:2021/01/14
No image

昨年8月に、第1子の出産を報告したタレント・菊地亜美さん。自身のYouTubeチャンネルでは実体験をふまえた上で、世のママたちから寄せられた“妊娠中&出産後のあるあるエピソード”を紹介していました。

子どもの動画で容量がパンパン!?

菊地さんによると“産後は涙腺がゆるくなる”らしく、子どもを泣きやませただけで嬉し泣きしてしまったことを告白。「ちょっと感動するCMを見ても泣いてた」と明かしています。

また「(子どもが)泣いてないのに『ギャー』って聞こえる」という現象も取り上げていた菊地さん。子どもの世話を夫に任せてお風呂に入った際、「あれ、なんか泣き声聞こえた」と幻聴が聞こえてきたそうです。子どものことを思うあまり、“心配性”が強く出てしまうのかもしれませんね。

子どもが可愛くて仕方ない様子の菊地さんは「携帯のデータフォルダがわが子の画像でいっぱいになる」という“あるある”ももちろん経験しており、「すっごい娘ばっかり撮っちゃう」「動画をいっぱい撮るようになって、容量がすぐなくなりそうな感じになってますね」とコメントしていました。

夫の熟睡にイラッ!

菊地さんは「旦那さんに対してのイライラが止まらない」という“あるある”に関しても、自身の思いを吐露。「もちろん毎日助かってるし、仲良し前提なんですけど」と説明した上で、“赤ちゃんの夜泣きで自分は全然寝られないのに、夫は泣き声に慣れてしまい全然起きない”と語っています。

様々な菊池さんの経験談に対し、視聴者からは共感の声が続出。「亜美ちゃんの言ってた話、全部わかる! 特に赤ちゃんの泣き声が聞こえるのは私も経験あるよ」「可愛い赤ちゃんの記録を残すために、ついつい動画や写真を撮りすぎちゃうよね」などの声が上がっていました。

ほかにも、妊娠や産後にまつわる“あるあるネタ”はたくさん。たとえば「妊娠中は自分でもビックリするくらい食べるけど、いつも『子どもの分だから仕方ない』と言い訳してた」という体験や、「(出産した今は)トイレに行く時は、赤ちゃんのことが気になってドアを開けっぱなしにしてる」といったエピソードも語っていました。

>>NEXT 妊娠中の不安や負担って?

一番辛いのはやっぱり睡眠不足…

妊娠中や産後には様々な出来事が起こりますが、実際にどのようなことで不安や負担を感じてしまうのでしょうか? 株式会社エムティーアイは以前、6769名のママを対象にアンケート調査を実施。「妊娠中に不安や負担を感じたことがありますか?」とたずねたところ、8割以上の女性が“感じた”と答えました。

そこで具体的な内容を見ていくと、「胎児の成長・異常の有無への不安(73.0%)」が1位にランクイン。ほかには「出産への不安(65.4%)」「自身の身体的な不安(49.9%)」などが高い割合を占めています。

また“産後1か月未満の悩み”について質問すると、「睡眠不足」が69.6%でトップに。“産後1か月以上~4か月未満の悩み”でも「睡眠不足(59.5%)」と答えた人が最も多いため、やはり子どもの世話で“十分な睡眠が取れない生活”を余儀なくされる女性は少なくないようです。

菊地さんの“妊娠&産後あるある”はママの多くが経験することと言えそう。「同じ仲間がいる」と思えば様々な場面で勇気づけられ、大変な育児を乗りきる力になるかもしれませんね。

関連記事:

産後、頭が回らない…それって「マミーブレイン」かも

「産後うつで自分を責めた」2児の母親エンターテイナー・バブリーたまみさんの原点

文/長谷部ひとみ

参照/株式会社エムティーアイ「女性の妊娠中から産後・育児までの悩みに関する共同調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000661.000002943.html

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加