サプライズにほっこり♡クリスマスツリーに隠れていたフクロウが話題

サプライズにほっこり♡クリスマスツリーに隠れていたフクロウが話題

  • コスモポリタン
  • 更新日:2020/11/23
No image

ニューヨークでクリスマスシーズンの名物とされている、ロックフェラーセンターのクリスマスツリー。

毎年美しい飾りつけで話題を呼ぶこのツリーですが、今年は設置される前に、ちょっとしたサプライズが。

関連記事:みんな違ってみんないい!顔に珍しい斑点がある犬が話題

No image

USA Today>によると、11月16日(現地時間)、このツリーの移送と設置を行なっている業者の男性従業員が、ツリーの中から小さなフクロウを発見したのだとか!

Posted byRavensbeard Wildlife CenteronTuesday, November 17, 2020

男性は「フクロウが飛ばないんだ、助けが要る」と妻に電話をし、そして妻が野鳥のリハビリなどを行なっている団体「Ravensbeard Wildlife Center」に連絡。フクロウは無事に保護され、“ロックフェラー”と名づけられたそう。

Posted byRavensbeard Wildlife CenteronTuesday, November 17, 2020

団体の代表であるエレン・カリシュさんによると、ロックフェラーは「木が(布に)くるまれて、閉じ込められてしまい、そのまま運ばれてきたのでしょう」とのこと。飢えと脱水症状が見られたものの、怪我などはしていなかったそうです。

赤ちゃんのような見た目のロックフェラーですが、雄の成鳥で、小さい体が特徴の北ヒメキンメフクロウと呼ばれる種類なのだとか。

Posted byRavensbeard Wildlife CenteronTuesday, November 17, 2020

すでに獣医の診察によって健康であることが確認されており、食欲も旺盛なため、今週末には野生に返す予定とのこと。

約23メートルもの高さの木に紛れてやって来た、小さな小さなロックフェラー。彼のサプライズ登場は、現地の人々にとって、ちょっと早めのクリスマスプレゼントとなったようです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加