「もう世界チャンピオンレベルで飲んでますね」元西武・キックボクサーの相内がお酒の席での武勇伝を激白6

「もう世界チャンピオンレベルで飲んでますね」元西武・キックボクサーの相内がお酒の席での武勇伝を激白6

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/01/15

No image

いよいよ本気を見せる。キックボクシングの「RISE FIGHT CLUB」(2月16日、新宿フェイス)の記者発表が14日、都内で行われた。注目はRISEに1年ぶりの参戦となる元プロ野球選手の相内誠(27)。対戦相手は元Jリーガーの安彦考真(43)と元野球選手と元サッカー選手という異色の経歴どうしのぶつかり合いが注目を集めそうだ。

元西武ライオンズの投手・相内誠がキックボクサーとしてデビューしたのが2021年2月。それ自体が仰天のニュースだったが、もうすぐ丸1年というタイミングで組まれたマッチメイクは、VS安彦考真という元Jリーガー!! つまり元野球選手と元サッカー選手がキックボクシングルールで闘うなんて奇想天外な話が実現する。いったいどーなっているのか。かつて「房総のダルビッシュ」と呼ばれた相内を直撃した。全6回の第6回(最終回)。(聞き手=Show大谷泰顕)

【動画】わずか25秒!相内誠が衝撃のクロスカウンターで失神KO勝ち「BreakingDown」
・今すぐ読みたい→
「契約金7千万円が振り込まれた通帳を見て? 本当に振り込まれたって思いました」元西武の投手でキックボクサー・相内誠が激白③ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/makotoaiuchi-interview-03/

――ここまでいろいろと話を聞いてきたんですけど、相内選手は面白いですね。絶対に格闘技界で名を残してほしい。
「変わっているって、たまに言われます」

――まずは勝ち進んでもらわないといけないですけどね。
「まずは、そうですね」

――格闘技界はリング上で強ければ、ある程度のことは許してもらえる世界なので(笑)。
「結果が全てっていうのはそう言うところですね」

――一か八かみたいな選手のほうが「観る側」には好かれますよね。
「それは分かります」

――分かりますか。さすがは、かつて「房総のダルビッシュ」と呼ばれた方ですね。
「『暴走』じゃないですけどね(笑)」

――「房総のダルビッシュ」って言われた時って、どう思うものなんですか?
「どう思うって言われましても、本家(ダルビッシュ有)に失礼だなと思っていました。僕なんかがって」

――ちなみに今まで芸能人でもスポーツでも漫画でもアニメでも、影響を受けたり、かっこいいなと思った人や物ってなんですか?
「うーん…、難しいですね。僕、結構テキトーなので、影響を受けた瞬間があったとしても、次の日には忘れているんですよね。だから覚えていないんですよね。昨日の晩飯なんだったけ? っていうくらいに忘れちゃうので」

――例えば「仮面ライダー」が好きだったとか、アントニオ猪木に影響を受けたとか…、そういう類の話がないのかなあと。
「あ、あります」

――なんでしょう?
「『はじめの一歩』。」

――ボクシング漫画の!
「はい。『はじめの一歩』は漫画も読みましたし、(2021年11月にあった)『Breaking Down 3』の試合の前に、NetFlixにあるアニメ『はじめの一歩』は全部観たんですけど、それで頑張ろうと思ったりとか、ブラッディークロスっていうカウンターはカッコいいなと思って、試合で使ってみたいなあって思ったり。無理なんですけどね(笑)」

No image

――漫画はよく読むほうですか?
「いや、『はじめの一歩』だけですね。僕、字を読むのが嫌いなので、漫画も読まないんですよ」

――字を読むのが嫌い(笑)。ホント相内選手は、どれだけ練習したか、みたいな話よりも、過去に飲んだ酒の話を聞いたほうが面白い話が出てきそうですね(笑)。
「たぶん世の格闘家の中ではかなり、もう世界チャンピオンレベルで飲んでますね(笑)」

――そっちではもう世界王者になってますか(笑)。
「まあ(笑)」

No image

――生前のジャイアント馬場さんは氷を入れるピッチャーで酒を飲んでいたらしいですけどね。
「よくある話ですね」

――あ、そうなんですか! 今でもいるんですね。
「いま…すね」

――え、言える範囲で誰が一番飲むんですか?
「いや、言える範囲ではないです(笑)。まだ現役選手なので」

――ひと晩にいくら使う場面があったりするんですかね。
「僕は結構、飲みに連れて行っていただいていたタイプですけど、100万円以上の会計は、まあ、割とありましたけどね」

――一軒でですよね。
「そうですね」

――さすがプロ野球だ。
「酒の話はいろいろありますね(笑)」

――是非、また聞かせてほしいんですけど、その前にまずは今度の安彦戦に勝ってもらって。
「頑張ります」

――最後に、意気込みをお願いします。
「まあ、前回『Breaking Down 3』(2021年11月)に出させていただいて、ヒントというかそういうものがあったのかなって僕自身感じたので、それを無駄にしないで生かせるように、消極的にならずに自分の良さを出した結果、勝利につながったらいいかなと思っています。なのでそこを強く持ちながら練習したいと思います」

――まずは練習しないとっていうのが格闘家として素敵すぎますね(笑)」
「ありがとうございます。大丈夫です。今、週8で練習してますから(笑)」

[文:Show大谷泰顕]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加