相次ぐ藤井棋聖の特集 将棋はスポーツ、棋士はアスリート

相次ぐ藤井棋聖の特集 将棋はスポーツ、棋士はアスリート

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/09/15

将棋の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)=王位=が立て続けにタイトル2つを獲得したのを機に、8~9月にかけてスポーツ紙や雑誌などが藤井棋聖関連の特集を組んだ。注文が相次ぐなど売れ行きは好調で、藤井ブームはまだまだ収まりそうもない。(中島高幸)

スポーツ総合誌「スポーツ・グラフィック・ナンバー」(文芸春秋)は3日発売の1010号で「藤井聡太と将棋の天才。」のタイトルで、昭和55年の創刊以来、初の将棋特集を組んだ。

長年、スポーツを取り扱ってきた同誌がなぜ将棋の特集を組んだのか。宇賀康之編集長は「棋士は頭脳、知力はもちろん体力も使っている。技を競い、心理の駆け引きもあり、スポーツとして取り上げる競技だと以前から思っていた」と強調した。

タイトルを獲得するまでの藤井棋聖の記事のほか、渡辺明三冠や谷川浩司九段、里見香奈女流四冠のインタビューや先崎学九段のエッセーなど記事や美麗な写真が掲載されている。

発売前から話題となり、インターネット通販のアマゾンでは発売日に一時、売り切れ状態に。その日に増刷が決まり、累計発行部数は10日時点で23万部となり、当初の倍となった。

予想以上の反響に宇賀編集長は「藤井人気の広がりを改めて実感した。スポーツとしての将棋の面白さ、アスリートとしての棋士の人間的魅力を、今後も特集を組んで伝えていきたい」と話した。

マイナビ出版は2日、昭和12年創刊の月刊誌「将棋世界」(日本将棋連盟発行)の別冊として、『写真で追う 藤井聡太最年少二冠までの軌跡』と『高校生二冠 藤井聡太』の2冊を発売した。

『写真で追う~』は第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負や第61期王位戦七番勝負を中心に、デビューから4年間の活躍を収めた写真集。11ページにもわたる藤井棋聖へのインタビューも注目だ。『高校生二冠~』は棋聖戦や王位戦を予選から収録し、藤井棋聖による棋聖戦第3局、第4局の自戦解説なども収められている。

サンケイスポーツは8月24日に特別版『藤井棋聖誕生』を発売。藤井棋聖のポスターやインタビューを収録しているほか、棋聖戦五番勝負を棋譜や解説で詳報。豊富な写真や年表で紹介する藤井棋聖の18年間の歩みや、師匠の杉本昌隆八段と姉弟子の室田伊緒女流二段のインタビューなど、初心者も楽しめるもりだくさんの内容となっている。

No image

藤井聡太棋聖の特集を組み、相次いで発売された雑誌

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加