川崎Fが“首位攻防戦”で連勝! 試合終盤、名古屋に反撃受けるも3得点で競り勝つ

川崎Fが“首位攻防戦”で連勝! 試合終盤、名古屋に反撃受けるも3得点で競り勝つ

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/05/04
No image

CKから先制点を決めるジェジエウ [写真]=兼子愼一郎

4日、明治安田生命J1リーグ第12節川崎フロンターレ対名古屋グランパスが行われた。

現在J1の首位・川崎と2位・名古屋の“首位攻防戦”。両チームは5日前に行われた第22節でも対戦しており、同試合はアウェイの川崎Fが0ー4で勝利した。川崎は前回対戦と同じ11人、一方の名古屋は4人を入れ替えたスターティングメンバーが、中4日で迎えた『等々力陸上競技場』のピッチに立った。

前回対戦は3分で試合が動いただけに注目が集まった立ち上がりは、互いに前線からボールを奪う姿勢を見せるテンションの高い攻防となり、スコアに動きはなし。9分には名古屋のMF長澤和輝が敵陣ペナルティエリア手前やや左から右足でミドルシュートを狙うも、ボールはわずかに枠の右へと外れる。

すると徐々にペースを掴んだ川崎Fはボール保持してチャンスを伺う展開となるも、名古屋としてもマンマーク気味の粘り強いディフェンスで決定機を創らせず。それでも31分、川崎Fが先制に成功する。左CKを獲得すると、キッカーはMF田中碧。田中は右足でインスイングのボールをゴール前へ送ると、ペナルティエリア内で待っていたDFジェジエウが叩きつけるヘディングでゴール右へと決めた。スコアは1ー0となる。

一点を追いかける名古屋は、FWマテウスを中心に反撃。45分にはMF稲垣祥が敵陣ペナルティエリア手前からミドルシュートを枠内に放つも、GKチョン・ソンリョンのセーブでゴールには至らず。試合は川崎Fがリードのままハーフタイムを迎える。

後半も序盤は名古屋のペース。チーム全体で連動した攻守を見せ、川崎F陣内へ攻め込んでいく。それでも、次にゴールネットを揺らしたのは川崎Fだった。50分、敵陣中央左サイドでボールを持ったMF三笘薫が、スピードの緩急でマッチアップしたDF成瀬竣平を抜き去り左サイド深くへ進入。三笘はゴール前を確認し左足で鋭いクロスを供給すると、中央のスペースに走り込んでいたDF山根視来がダイレクトで合わせてゴールを決めた。川崎Fのリードは2点となる。

さらにその9分後、名古屋のDF丸山祐市がGKランゲラックへバックパスを送るも、両者の連携ミスでボールはゴールへ。これがネットを揺らし、川崎Fは思わぬかたちで3点目を記録する。

名古屋はその後、FW齋藤学、DF森下龍矢、FW柿谷曜一朗、FWガブリエル・シャビエルを投入し、ゴールへの姿勢を強める。すると73分、敵陣右サイドでボールを持ったマテウスを追い越した森下が、敵陣ペナルティエリア右からマイナス方向にクロスを供給。これを後方から走り込んだ稲垣がダイレクトでゴール右へと決め、名古屋が1点を返す。

その後、試合終盤に向けては名古屋がボールを保持する展開に。すると83分、名古屋は敵陣深く右サイドでFKを獲得すると、マテウスが左足でボールを蹴り上げる。弧を描いたボールはやや前に出たチョン・ソンリョンの頭上を越え、左ポストの内側に当たってゴールネットへと収まった。スコアは1点差となる。

しかし、名古屋の反撃はここまでで試合は結局3ー2のまま終了。前回対戦に続いて勝利を挙げた川崎Fは2連勝を記録するとともに、今シーズンの無敗を維持した。一方、敗れた名古屋はリーグタイトル獲得へ痛い連敗を喫している。

【スコア】
川崎フロンターレ 3ー2 名古屋グランパス

【得点者】
1ー0 31分 ジェジエウ(川崎フロンターレ)
2ー0 50分 山根視来(川崎フロンターレ)
3ー0 59分 オウンゴール(川崎フロンターレ)
3ー1 73分 稲垣祥(名古屋グランパス)
3ー2 83分 マテウス(名古屋グランパス)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加