プーチン大統領、初めて多国間会談出席...EU・G7・NATO狙い「BRICS首脳会議」開幕

プーチン大統領、初めて多国間会談出席...EU・G7・NATO狙い「BRICS首脳会議」開幕

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2022/06/23
No image

プーチン露大統領

中国とロシアが主軸の「BRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカの新興5カ国)」首脳会議が23日、オンラインで開催される。2日間の日程の今回の会議では、米国と欧州が主導する欧州連合(EU)首脳会議(23-24日)、G7(米国・英国・日本・ドイツ・フランス・カナダ・イタリア)首脳会議(26-28日)、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(29-30日)を牽制する議論が予想される。特にロシアは西側の制裁を避けてBRICS国家を糾合する貿易拡大を予告している。

首脳会議前日の22日に開かれたBRICSビジネスフォーラムの開幕式で、中国の習近平国家主席は西側のロシア制裁を強く批判した。中国国営中央テレビ(CCTV)によると、習主席は「制裁はブーメランであり諸刃の剣という点が改めて立証された」とし「世界経済を政治化、道具化、武器化して国際金融・貨幣システムの主導的地位を利用する恣意的な制裁は自らを害するだけでなく全世界の人々に災難を招く」と米国を狙った発言をした。

そして「ウクライナ危機は世界の人々に警鐘を鳴らした。力の地位を盲信して軍事同盟を拡張し、他国の安全保障を犠牲にしながら自国の安全を図れば、必ず安保の苦境に陥る」と一喝した。ブルームバーグ通信は「習主席が今回のウクライナ戦争の原因をロシアを敵対視したNATOの責任として処理している」と指摘した。

プーチン大統領はウクライナ戦争以降、主要多国間会議に初めて姿を現した。22日(現地時間)のロイター通信によると、プーチン大統領はこの日のBRICSビジネスフォーラムの基調演説で「西側の制裁のため、貿易と石油輸出をBRICS国家に転換している」と発表した。具体的にロシア市場で中国産自動車の輸入を増やし、インドのスーパーマーケットチェーン店のオープンを議論していると伝えた。最近、中国とインドは米国などの対ロシア制裁にもかかわらず、ロシアから原油を大量購入するなど貿易を拡大している。

AFP通信は「プーチン大統領はBRICS首脳会議を通じて、米国とEUが自身とロシアを孤立させるのに失敗したというメッセージを送るだろう」と伝えた。

習主席だけでなく、インドのモディ首相、ブラジルのボルソナロ大統領、南アフリカのラマポーザ大統領らもウクライナ侵攻に関するロシアへの非難を避けているため、プーチン大統領は今回の会談を歓迎していると、CNNは伝えた。専門家らは、今回の会談でもBRICS首脳がウクライナ問題に慎重な態度を見せるだろうと予想した。

一方、今回のBRICS首脳会議のテーマは「高品質BRICS協力関係構築、世界開発の新時代到来」だ。24日にはBRICS以外の新興国と開発途上国の首脳までが参加する「グローバル発展高官級対談会」もオンラインで開催される予定だ。これを通じてBRICSに加わる国が増えるかどうかも注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加