ユニコーンをクビになった男の逆襲。新会社で人事制度に革命を起こす

ユニコーンをクビになった男の逆襲。新会社で人事制度に革命を起こす

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/04/07
No image

5年前の成功から辞任という、まるでジェットコースターのような転落劇。新たな会社での躍進は、起業家としての理想と信念を証明するものとなるのか。

パーカー・コンラッドは32歳のとき、人事ソフトウェア開発企業「Zenefits(ゼネフィッツ)」を立ち上げ、3年もたたないうちに評価額45億ドルというシリコン・バレーを代表するユニコーン企業へと成長させた。しかし、ブローカーがライセンスを未取得の州で健康保険を販売するなどコンプライアンス違反が発覚し、すべては崩れ去った。

2016年2月、辞任圧力が高まるなかでコンラッドは身を引き、新しい経営陣の下で事業縮小を余儀なくされたゼネフィッツの評価額は、半分以下にまでなった。そして彼が自宅に引きこもって『スター・ウォーズ』シリーズを観ている間に、証券取引委員会(SEC)と州の保険規制当局は捜査に着手した。

コンラッドは当時をこう振り返る。「ぼんやりと自殺まで考えるような精神状態で、誰とも言葉を交わさず、自分の周りで続く最悪の事態を自宅に隠れたまま見ていました」

だが彼は、ソフトウェアを使って人事業務の効率化を実現するという使命感をもち続けていたし、何より「自分にはできる」という気持ちを失っていなかった。6週間もたたないうちに自信を取り戻し、新しい会社の立ち上げを決めた。

ずんぐりとした体、赤みがかったブロンドの髪のコンラッドはいま、40歳になった。16年4月、彼はゼネフィッツの元エンジニアリング責任者、プラサンナ・サンカールを共同創設者兼最高技術責任者として、「Rippling(リップリング)」を立ち上げた。

リップリング立ち上げ後の最初の2年間、2人はサンフランシスコのミッション地区にあるコンラッドの自宅で、人知れずソフトウェア開発を行った。目指すは、給料や給付金の計算だけでなく、新入社員を「セールスフォース・ドットコム」や「ギットハブ」などのツールにきちんとアクセスできるようにしたり、「リストサーブ」の適切なメーリングリスト、「スラック」のしかるべきチャンネルに確実に登録したりするといった、手間のかかる各種手続きの自動化を可能にするソフトウェアである。

当座の本社として使っていたコンラッドの自宅は、17年秋までに、当時妊娠中だった妻と子供1人、愛犬のほかに14人がひしめき合うようになっていた。

No image

リップリング創業にあたってコンラッド(右)は、ゼネフィッツの元エンジニアリング責任者で現在はリップリング共同創設者兼CTOのプラサンナ・サンカール(左)を誘った。2年間は、2人でソフトウエア開発を行った。

こうして復帰したコンラッドのその後は、順調なようだ。現在、「コンパス・コーヒー」から「ディビーアップ・ソックス」に至るまで2500社以上がリップリングの従業員管理ソフトを使っており、最低でも1ユーザーあたり月間8ドル(約830円)を支払っている。19年の売り上げは推定1000万ドルで、年間経常収支は1300万ドル。20年にはそれが、コロナ禍による経済や雇用への悪影響にもかかわらず、倍増する可能性がある。

ほかの人事ソフト開発会社のなかには、20年春に大規模なレイオフを実施したところもあるが、250人近い従業員(半数近くはインドのバンガロール勤務)を抱えるリップリングは、計11人を解雇したにとどまっている。コンラッドは3月にマーケティング予算を半分に減らし、4月には新しいプログラムを本格展開した。資金繰りの苦しい顧客が給与保護プログラム(PPP)に融資を申請する際、必要な情報を取り出してスムーズに申請できるようにするもので、顧客の3分の1以上がその恩恵にあずかっている。景気低迷の最中、4月はこれまでで最大の売り上げを記録したと、コンラッドは言う。

リップリングの最高業務責任者で、大学の友人でもあり、やはりスタートアップの創設者兼最高経営責任者を務めた経歴を持つマット・マキニスは、コンラッドの下で働くのは骨が折れると言う。

「彼は要求が多いうえに短気だ。でも、だからこそスタートアップの経営にとても向いている」

ゼネフィッツを追われたコンラッドだが、自分はゼネフィッツの凋落ではなく成長に大きく貢献したのであり、もう一度同じような成功をものにできるとして、いくつかの大手ベンチャー・キャピタルを難なく口説き落とした。そうして彼は、「イニシャライズド・キャピタル」や「クライナー・パーキンス」といった投資機関から1億ドルを調達。19年4月の直近の資金調達ラウンドでは評価額2億9500万ドルで、4500万ドルを調達した。試算では、コンラッドとサンカールの持ち分は少なくとも2人合わせて40%、金額にすると1億ドル以上だ。

リップリングは、フォーブスが評価額10億ドルに達する可能性が特に高いと考える、20年の「次世代のスタートアップ企業25社」にランクインした。ちなみに、ゼネフィッツも15年にランクインしており、まったく別の2社でこのリストに選ばれた起業家はおそらくコンラッドひとりだろう。

「これほどの見事な復活劇は、これまでのキャリアでも見たことがありませんよ」

8年にわたりコンラッドに注目し、リップリングに投資したイニシャライズド・キャピタルのマネージング・パートナー、ギャリー・タンはそう言う。

リップリングで同じ轍は踏まない

コンラッドは、ニューヨーク・シティのアッパー・イースト・サイドにある裕福な家庭で育った。父は老舗法律事務所「デービス・ポーク・アンド・ウォードウェル」のシニア・パートナー、母は「ラウズ不動産」の一族の出身で、環境保護の非営利団体を設立している。名門私立男子校カレッジエイト・スクール時代には、2年近くかけてシー・スネイルという魚を神経生物学の観点から研究し、全米ウェスティングハウス秀才コンテストで3位に入賞して賞金2万ドルを獲得したこともある。

ハーバード大学で化学学士号を取得して03年に卒業。バイオテクノロジーの「アムジェン」などで働いたコンラッドは、24歳で精巣がんを経験。10年に成立した「医療制度改革法(通称オバマケア)」に触発されて、13年にゼネフィッツを立ち上げた。

だが、15年秋に問題が発覚、16年初めには辞任した。

「ゼネフィッツで一連のコンプライアンス違反があったのは明らかです。リップリングで同じ轍を踏まないよう、十二分に注意しています」

No image

コンプライアンス違反や社内風紀の乱れが発覚するや、コンラッド(左)の”お目付け役”として、ペイパルのCOO(最高執行責任者)を務めたデビッド・サックス(右)が経営陣に送り込まれ、やがてコンラッドは辞任した。

コンラッドは、ゼネフィッツの最大の問題は極めて短期間に成長したことにあり、エンジニアリングの能力が追い付かず、手作業による業務を余儀なくされた結果エラーが発生したのだと考えている。

彼は、リップリングの強みは、自動的な従業員名簿の追加や削除だけでなく、新人が必要とするソフトウェア・ツールやアプリ、作業グループも自動的に管理し、昇格やグループの変更、退職に合わせてすべてを更新してくれる点にあるという。

No image

リップリングの使用画面。PCでもスマートフォンでも使用が可能。ユーザーはゲームアプリのインストールと同じくらい容易に、人事関連のさまざまな業務を進めることができる。

中小企業の場合、こうした事務作業の効率化で幹部社員の手間やコストを大きく削減することができる。しかも、市場規模はきわめて大きいのだ。リップリングの幹部は、リップリングが提供するソフトウェアすべてを加えた人事・給与管理ソフト市場規模は、ID管理システムも含めると、世界全体で総額350億ドル以上になるとみている。

クライアントのひとつで、ワシントンDCの12カ所でカフェと自家焙煎のコーヒーの高級店を運営するコンパス・コーヒーは、19年夏からリップリングのサービスを利用している。共同創設者のマイケル・ハフトは、給与計算と人事評価作業の煩雑さに悩まされていたと話す。

「給与計算に以前は毎週約20時間もかかっていたのが、今ではたった45分ほどで済むんです」

コロナ禍でスタッフの大半を一時帰休させざるを得なくなったハフトは、給与保護プログラムの融資の申請に必要な情報をまとめる作業でもリップリングのソフトを使うようになり、頼りにしているという。これは、リップリングの顧客企業のうち950社も同様だ。

「中小企業庁(SBA)の発行するガイダンスに沿って報告機能を再設定する必要があるのですが、リップリングを使うと実に短時間で作業を完了できるんですよ」

ところで、かつてゼネフィッツは急成長に伴って規制への対応が大雑把になり、トップの辞任を招いた。成長目覚ましいリップリングは、同様の問題を未然に防ぐことはできるのだろうか。コンラッドとそのチームは「できる」と断言する。つらい経験から学び、力を貸してくれる経験豊かな人材を集めているというのがその根拠だ。

そうした人材の一人で法務顧問のバネッサ・ウーは上場企業「ライブランプ」から移ってきた。創業間もないスタートアップがこれほどの人材を迎えることはかなりの異例。過去の過ちを繰り返すまいとするコンラッドの固い決意の表れでもある。

コンラッドはまた、シリコン・バレーで「コインベース」「オープンドア」「レディット」といった急成長企業の創設者にコーチングを提供してきたマット・モカリーの助言も仰いでいる。

「パーカーのことは高く評価しています。自分の欠点を自覚している彼は、そうした欠点に向き合うのを手助けできる人を求めているのです」

そう話すのは、リップリングのシリーズAラウンドで主導的役割を果たした「クライナー・パーキンス」のパートナー、マムーン・ハミドだ。

「彼のそういった点は敬意に値します」

こうしてみると、コンラッドがリップリングを立ち上げたのには、ビジネスの面と感情的な面、両方の理由があったことがわかる。

「リップリングで1億ドルを売り上げ、成功することができれば、ゼネフィッツの件についても否応なしに評価が変わるでしょう」

コンラッドは言う。

「僕にとってはそれが、事の顛末を説明し、自分の言い分を主張するための唯一の方法なのです」

No image

パーカー・コンラッド◎リップリングの共同創業者兼CEO。米ニューヨーク生まれ。名門カレッジエイト・スクール在学中には全米ウェスティングハウス秀才コンテストで3位に入賞。ハーバード大学で化学を学び、バイオテクノロジー会社を経て、2006年に最初の起業。その後、13年に「ゼネフィッツ」、16年に「リップリング」を創業。

リプリング◎2016年創業。人事業務の効率化のためのソフトウェアサービス。従業員を採用すると、自動的にその人物を従業員名簿と同社の401k(確定拠出年金)プランに追加したり、業務に必要なツールをそろえたりできる。操作性が高く、従業員の入社・退職の際の手続きも90秒で完了できる。1人あたりの料金は月8ドルから。

ゼネフィッツ◎2013年に、コンラッドが共同創業者兼CEOとして始めた人事ソフトウエア開発会社。人事管理、勤怠管理、給与計算、保険の管理などを効率化、利用料ゼロで人気を呼んだ。創業から3年足らずで評価額45億ドルとなり、5億ドルを調達。注目のユニコーン企業となったが、健康保険販売関し不祥事が発覚した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加