遠藤憲一、ミニスカ姿「しっくりくるように...」菜々緒構想ガールズラブにも女子役で意欲

遠藤憲一、ミニスカ姿「しっくりくるように...」菜々緒構想ガールズラブにも女子役で意欲

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/10
No image

映画『地獄の花園』(5月21日公開)のヒット御礼舞台挨拶が10日に都内で行われ、永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、遠藤憲一が登場した。

遠藤憲一、超ミニスカ+ガーターベルト+ハイヒール美脚を絶賛され「今年還暦」

同作はバカリズムの脚本×多くのアーティストのMVを手掛ける関和亮監督によるオリジナル作。普通のOL生活を送る直子(永野芽郁)の職場では、裏で社内の派閥争いをかけOL達は日々喧嘩に明け暮れている。ある日、1人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は平穏無事なOLライフを全うすることができるのか。

一部上場企業(株)トムスンの総務部のOL“魔王 赤城”こと赤城涼子を演じた遠藤は「金髪姿でミニスカートを履いてつけまつ毛をしてたので、あれを取ったらただの強面おやじになっちゃって、こんな恥ずかしい舞台挨拶は初めてです」と苦笑。「なんか、あっちの方がしっくりくるようになって。この舞台はまたあの格好になりたいなと思っています。今の方が恥ずかしいです。支度してるときすごい恥ずかしくなってきちゃって……」と照れる遠藤に、菜々緒は「会った瞬間にそのことをずっと言ってた」と明かした。

また、このメンバーでの次回作構想を聞かれると、菜々緒は「ここまでぶっとんだ作品をやったあとなので、ぶっ飛んだ作品をやりたいなと思って。けっこうボーイズラブはあるけど、ガールズラブ的なのって、ないよね。私、このかわいい2人に取り合われたいです!」と希望する。

広瀬は「役作りはもう、すぐできますね。私は(菜々緒)愛が強いから! 今日の衣装もヤンキー風で、菜々緒さんにやられたい」とノリノリ。遠藤も「ちょっとベテランのガール」で参加したいと希望し、「『恋はいつまでもするものよ』って言う!」とセリフまで考える。菜々緒が「悩み相談のママみたいな」と提案すると、遠藤は「たまに手を見て占ってみたりね」と乗っかり、永野は「そうしましょう!」と全肯定していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加