北原里英 レースの透けドレスでも魅了 日中合作映画で流ちょうな中国語披露

北原里英 レースの透けドレスでも魅了 日中合作映画で流ちょうな中国語披露

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/01/16
No image

レースから肌が見えるセクシードレスで登場した北原里英=東京・神保町、岩波ホール

元AKB48で女優の北原里英(30)が15日、東京・岩波ホールで行われた日中合作映画「安魂」の初日舞台挨拶に登場した。同作は社会的名誉と地位を手に入れた著名作家が、息子と死別してから“心の再生”をしていく様を描く。

北原は、日本人として唯一の出演で、日本人留学生を熱演。中国語で「皆さんに会えてうれしい」とあいさつし「あんなにも出番があるとは。想像よりセリフも多くて大変でしたけど、やりがいのある役でした」と充実の笑み。共演者から演技や中国語習得への努力を称賛されると「うれしいです!」と目を輝かせた。

会場の岩波ホールは7月29日で閉館する。北原とともに登壇した日向寺太郎監督(56)は、初日を迎えられた喜びと感謝を口にするとともに「お世話になった岩波ホールが閉館するというニュースが数日前に飛び込んできて、その悲しみもある。複雑な気持ちで初日を迎えました」としんみり。最後に「岩波ホールに足を運んでいただき、54年の歴史を映画とともに味わっていただければうれしく思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加