約10種類のミス!!なのに工場勤務のため全員定時退社で大ピンチ....

約10種類のミス!!なのに工場勤務のため全員定時退社で大ピンチ....

  • MONEY TIMES
  • 更新日:2022/09/23

仕事で「大きなミス」をしたことはありませんか?
今回はそんな仕事でミスをしたエピソードについてMONEY TIMES編集部が取材しました。

業務を押し付けられいっぱいいっぱい

今の会社に入社して二年目に突入しそうというくらいの時に、私は普段仕入れを担当しておりますが、いつもの部門とは別に産業機械を作る部門にて、材料や部品などの発注業務もしておりました。

ある時、産業機械部門にて、測定器を作る上で測定器の回りを囲むために必要なアルミフレームの発注を依頼されました。

その時既に時間は17時を回っており、更に自分の仕事とは別で、違う部署の仕事も依頼されており、仕事がたくさん押し付けられて一杯いっぱいでした。

更に、産業機械部門の人は残業せずに全員定時退社され、発注したあとに内容を確認してくれる人はおらず、更に確認自体をしてくれないという状態でした。

##発注業務がトラウマに

私は必死に全てのアルミフレームの発注をしましたが、既に時間は20時を回っており、確認をあまりできないまま発注しました。

しかしいざフレームが届くと10種類くらい規格のミスがあり、さらに新たに発注をし直したものも間違っており、総額10万以上の発注ミスをしました。

その際はしっかり報告書を記載し、今後部署内の仕事量の調整・仕事内容のダブルチェックと見直しがされるようになりました。

社長たちも許してくれて、余ってしまったフレームは、社内で使えることが発覚したため、今はすべて在庫はなくなりましたが、当時は生きた心地がしないまま数日過ごしており、発注する際にトラウマになり、発注確定をする前に見積もりを出して、必ずダブルチェックしてもらうようにしました。

(30代・女性)
今回は、仕事でミスをしたエピソードについてまとめました。

文・MONEY TIMES編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加