警視庁が誕生/詩人の西條八十生まれる/三菱パジェロがパリダカ6連覇を達成!【今日は何の日?1月15日】

警視庁が誕生/詩人の西條八十生まれる/三菱パジェロがパリダカ6連覇を達成!【今日は何の日?1月15日】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/01/15

■東京の治安を守る警視庁が創設

1874(明治7)年1月15日、後に「日本警察の父」と呼ばれる川路利良が、フランス警察を参考にして東京警視庁(現、警視庁)を創設し、初代大警視(現、警視総監)に就任しました。ちなみに日本の警察組織全体を指揮監督するのは警察庁であり、そのトップは警察庁長官です。

さて、1月15日に生まれたのは、女優の吉岡里帆と樹木希林、タレントの石原良純、ファッションデザイナーのコシノヒロコ、政治家の河野洋平、詩人の西條八十などです。本日紹介するのは、西條八十です。

●童謡から流行歌まで多彩な詩を生んだ西條八十が誕生

No image

人々の心に響く詩を作り続けた西條八十(C)Creative Commons

1892(明治25)年のこの日、詩人・作詞家・仏文学者の西條八十が現在の新宿区払方町で生まれました。早稲田大学卒業後、パリに留学して早稲田大学の教授となり、象徴詩、童謡、軍歌、歌謡曲などの作詞家として活躍。身近なところでは「肩たたき(母さんお肩をたたきましょう・・・)」、「毬と殿様(てんてんてんまり、・・・)」、かなりや「歌を忘れたカナリヤは・・・」、「東京音頭(踊り踊るなら・・・)」など、挙げれば切りがありません。あまりに大衆的な詩を書くことから、一部の知識人から不評を買うこともあったそうですが、生涯1万5000編以上の大衆を元気づける詩を書き続けました。

さて、クルマ界の今日は何があったのでしょう?

●パジェロがパリダカで11回目の総合優勝、6連覇を達成!

No image

2006年ダカールラリーチーム。前列右2人目が増岡浩、前列左端が優勝したリュック・アルファン

No image

砂漠を激走するパジェロ・エボリューション

2006(平成18)年のこの日、ダカール・ラリー(リスボン–ダカール間9,043km)で三菱パジェロ・エボリューションを駆ったリュック・アルファンが総合優勝し、三菱が6連覇、通算11勝を達成しました。

当時無敵を誇ったパジェロ・エボリューションのパワートレインは、低中速トルクを向上させた4.0L V6DOHC MIVECエンジンと水冷オイルクーラー付6速シーケンシャルMTの組み合わせ。水冷オイルクーラー付フロントデフやサスペンションアームの見直しなどによって、さらなる走破性と耐久性の強化が図られていました。

No image

1977年に発売されパリダカマシンのベースとなったパジェロ・エボリューション

レース序盤は、VWレーストゥアレグに先行されるも、アフリカに舞台を移すとパジェロの本領を発揮、最終的には1位、3位、4位を独占した完勝でした。過去に2度の総合優勝を飾った増岡浩選手は、一時2位まで浮上するも転倒によって無念のリタイヤとなりました。

パジェロは、翌年2007年にも総合優勝を飾り、7連覇、通算12勝を達成しましたが、これを最後にパリダカから撤退しました。2005年のWRC撤退に続きパリダカも撤退か!三菱の2枚看板を失うことに社内にも大きな衝撃が走りました。当時の経営状況を考慮した上層部の決断でしたが、社員のモチベーションが下がったことは言うまでもありません。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

あわせて読みたい

ラリーアートお馴染みのレッドのエンブレムやアクセントカラーを配したエクリプス クロスPHEV ラリーアート・スタイルに注目!【東京オートサロン2022】

オフロード&キャンプスタイルを提案する三菱の「デリカD:5 Tough×Tough」【東京オートサロン2022】

「アウトランダー Wild Adventure Style」は、タフでスタイリッシュなキャンプスタイルを提案【東京オートサロン2022】

移動オフィスからソロキャンプまで使い倒せる軽EVコンセプトカー「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」【東京オートサロン2022】

ラリーアート第1弾は、アウトランダー、エクリプス クロス向けパーツからで3月下旬以降に発売【東京オートサロン2022】

Mr. ソラン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加