『舞いあがれ!』横山裕&吉川晃司が放つ強烈な異彩 岩倉家に逆風が吹き荒れる布石か

『舞いあがれ!』横山裕&吉川晃司が放つ強烈な異彩 岩倉家に逆風が吹き荒れる布石か

  • Real Sound
  • 更新日:2022/11/25
No image

『舞いあがれ!』写真提供=NHK

『舞いあがれ!』(NHK総合)第8週「いざ、航空学校へ!」第40話で、舞(福原遥)は約4カ月間の宮崎本校での座学課程を終える。この第40話は次週よりスタートする帯広校でのパートに繋がる「航空学校編」の中継ぎ回だ。

参考:【写真】横山裕が送りつけた謎の金色の人形

今回、異彩を放つ2人がいる。その1人が舞の兄・悠人(横山裕)だ。IMORI電機に内定するも、3年で辞めて投資家になると宣言していた悠人は、目論見通り指一本を動かして大金を稼ぐ人物になっていた。「企業分析は誰にも負けない」と豪語する悠人は、これまでの株式売買での実績と「自社製品のヒットを予測」と書かれたプレゼン資料で投資家として営業をかける。

決めゼリフは「ご期待は裏切らないつもりです」。株で2,000万円を稼いだと話していた時点で一抹の不安がよぎったが、悠人の不敵な笑みは岩倉家をかき乱していくのだと確信した。その予兆とも言えるのが、悠人が岩倉家に「雑貨」として送りつけてきた「ビリケンさん」のような出立ちの金の宇宙人像。第8週より脚本・演出が交代したのもあり、どこまで本気で捉えていいのかがいまだ掴めていないが、悠人がこの像に陶酔しているという精神状態なのは間違いない。

悠人がこの像を金塊として送ってきたのだったら、と要らぬ想像を膨らませてしまうのは、株式会社IWAKURAが自動車部品の新たな設備投資に3億円をつぎ込んでいるからだ。この数年後の2008年に世界的な株価下落「リーマンショック」が起こることを考えるとーー岩倉家に強烈な逆風が吹き荒れるのは必至だ。

悠人ともう一人、インパクトを残したのが、第40話で初登場となった大河内(吉川晃司)だ。「サンダー大河内」の異名で、帯広校で舞たちの教官を務めることとなる。「都築ポイント」がぎっしり付けられた都築(阿南健治)の黒いノートは噂通り、大河内へと渡っていた。ユーモアを尊重する明るい都築に対して、厳格な大河内は電話口で「指導するに値する人間なら、ですが」と都築の働きかけをやんわりと一蹴する。この口調だと送られてきた黒いノートも見ているのか、というところ。都築が舞の内申点に記載した「岩倉学生はチームワークを大切にする」はパイロットに求められる大事なコミュニケーションの要素でもある。しかし、大河内の登場は数十秒でほぼ遠巻きからの背中のショットながら威圧感をビシビシと放っていた。

また、帯広校パートへの布石として盛大にフラグが立っているのが、舞と柏木(目黒蓮)の恋仲だ。ノーサイドの主人・津田道子(たくませいこ)が宮崎校の前で撮影した記念写真を見て、一目散に反応した柏木。さらに面接も一緒だったというエピソードを聞き、「気づいたらフォーリンラブ」だと囃し立てる。柏木にはもちろん、舞にもまだその気配は感じられないが、『あさイチ』(NHK総合)での“朝ドラ受け”で「航空学校編」スタートの時点で一目散に反応していたように、誰もが察している恋愛フラグであろう。(渡辺彰浩)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加