[リーバイスのデニムジャケットで東京タワー]第10回、宮沢氷魚のタイムレスに会いに行く

[リーバイスのデニムジャケットで東京タワー]第10回、宮沢氷魚のタイムレスに会いに行く

  • MEN'S NON-NO WEB
  • 更新日:2021/10/19

宮沢氷魚のタイムレスに会いに行く
氷魚が約600段の東京タワーを初登頂! 連載『宮沢氷魚のタイムレスに会いに行く』第10回のメイキング動画を公開

東京のシンボル「東京タワー」へ

1958年に完成し、今でも街のシンボルとして愛される東京タワー。定番スポットな印象も強いけど、氷魚も実際にのぼってみるのは、なんと20年ぶり(!?)だそうで…。

No image

「今年はオリンピックもあって東京がまた注目されましたけど、海外から友人が遊びに来ると、やっぱり『東京タワーに行ってみたい!』という声が多いんですよね。今でも東京の象徴だし、遠くから眺めているだけでもパワーをもらえる気がするんです。今回、初めて約600段の外階段を歩いてのぼりましたが、一段一段つくった方々の汗が足の裏に伝わってくる気がして…。しかも、のぼりきってもまだ高さ150mのメインデッキまでで、改めて東京タワーの大きさに気づかされました。詳しい様子はぜひ動画で観てください(笑)」

No image

ジャケット(リーバイス®)¥14,300/リーバイ・ストラウス ジャパン Tシャツ¥29,700/ダイリク パンツ(ユニバーサル プロダクツ)¥24,200/1LDK スニーカー(リプロダクション オブ ファウンド)¥21,780/アイ ファウンド

今回、氷魚が着たのはリーバイス®のTYPE 1ジャケットをゆとりのあるリラックスフィットにアップデートした1着。チノパンと白Tを合わせた王道のアメカジスタイルでも、ジャケットのシルエットに“ゆるさ”が出るだけで、グンッと今っぽいムードになる。1958年に完成し、朱色の鉄骨にインダストリアルな雰囲気が漂う東京タワーには、レトロな50’sのファッションもよく似合う!

約600段の東京タワーを初登頂! ロングVer.のメイキング動画はこちら

●東京タワー

港区芝公園4の2の8 TEL:03(3433)5111 入場料(メインデッキ)大人¥1,200
※氷魚が体験したオープンエア外階段ウォークなど施設の営業に関する最新の情報は、東京タワーHPをご確認ください。

Photos:Tohru Yuasa Hair:Taro Yoshida[W] Stylist:Takanori Akiyama Title logos:Moeko

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加