金正恩氏「防疫システムに盲点」...新型コロナ対策強化を指示

金正恩氏「防疫システムに盲点」...新型コロナ対策強化を指示

  • デイリーNKジャパン
  • 更新日:2022/05/14
No image

12日、党中央委員会第8期第8期第8回政治局会議にマスクを着用して出席した金正恩氏(朝鮮中央テレビ)

北朝鮮の金正恩総書記が12日、国家非常防疫司令部を訪れて非常防疫状況を調べた。朝鮮中央通信が13日、伝えた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会の趙甬元(チョ・ヨンウォン)、朴正天(パク・チョンチョン)の両委員が同行した。金正恩氏が非常防疫司令部を訪れた同日、朝鮮労働党は中央委員会第8期第8回政治局会議を開催し、国内で新型コロナ感染者の発生を認めた。

同通信は、「4月末から原因不明の熱病が全国的範囲で爆発的に伝播、拡大して短期間に35万人余りの発熱者が発生し、そのうち16万2200人余りが完治した」とする一方、「5月12日の一日間に全国的範囲で1万8000人余りの発熱者が新たに発生し、現在まで18万7800人余りが隔離および治療を受けており、6人(そのうち『BA.2』感染者1人)が死亡した」と報じた。

金正恩氏は、「われわれがすでに立てた防疫システムにも盲点があることを示している」と指摘しつつ、「主動的に地域を封鎖し、発熱者を隔離させ、措置を取り、治療を責任を持って行って伝播の隙間を遮断するのが急務である」と述べた。

また、「直面した保健危機状況を一日も早く逆転させ、防疫の安定を回復し、わが人民の健康と安泰を守るのはわが党に提起される最も重大な挑戦であり、至上の課題になる」と強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加