改修前のデータを後世に 岡山城でドローン使った測量【岡山・岡山市】

改修前のデータを後世に 岡山城でドローン使った測量【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/01/13
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

岡山市北区の岡山城で1月13日ドローンを使った測量が行われました。2021年から大規模な改修が始まる岡山城の改修前の正確なデータを残すのが主な狙いです。

岡山城の天守閣の前を飛ぶドローン。測量を行ったのは岡山県土地家屋調査士会で、ドローンで天守閣付近を撮影し、3Dデータや登記図面の作成を行いました。

土地家屋調査士制度が出来て70年を記念して行われたもので多くの人に調査士の

仕事を知ってもらうほか、2021年から大規模な改修が予定されている岡山城の改修前の正確なデータを残すのが狙いです。3Dデータは、ドローンで撮影した画像と測量した城の寸法などと照合して作成され、2020年度中に岡山市に提供されるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加