好きじゃない男性からの告白...スマートな対処法とは

好きじゃない男性からの告白...スマートな対処法とは

  • Grapps
  • 更新日:2022/08/06
No image

好きじゃない男性から告白されてしまった!告白されるのは嬉しいことだけれど、相手のことが好きではない場合、どうしたらいいか少し困ってしまいますよね。このコラムでは、そんな時のスマートな対応を3つご紹介します。

「ごめんなさい」とすぐさまお断りする

男性に告白されたとき、その人のことを好きであっても好きでなくても、嬉しいものです。

また、告白されるくらいですからある程度は親密になっている可能性もあります。今後気まずくなったら嫌だなとか、かわいそうだなと感じてしまうかもしれません。

しかし、好きでない場合は勇気を出して、はっきりとお断りしましょう。「お友達から始めましょう」などとだらだらとお付き合いする方が、相手の新しい恋の妨げになってしまいますし、好きでもないのにお付き合いするのは相手の男性に失礼です。

いったん「距離を置きたい」と言う

相手の男性があなたに告白した理由を考えてみましょう。例えば、サークルの発表会や会社でのプロジェクトなど、ずっと一緒に同じ目標に向かっていて、それを達成したときなどは気持ちが舞い上がってしまいます。

そのような出来事があって起こる気持ちは、恋ではなく同志のような気持ちであって、異性に対する「好き」とは違うはずです。その場合、いったん距離を置いて違う目標に向かうと、あなたを「好き」ではなかったと相手も気づくはずです。

距離を置くというのは、嫌いになって話さないわけではなく、今までとは違う目標を持って違う人とかかわりを深めるということです。いったん距離を置く理由をしっかり理解してくれそうな人なら、上記の理由を伝えると良いでしょう。

好きではないことを伝えた上で付き合う

自分が相手の男性を好きではない理由を考えてみましょう。例えば、その人の態度や行動が本当に苦手だったり、容姿がどうしても好みではなかったりした場合、OKするのは難しいでしょう。

しかし、もともと相手のことを異性として見ていなかった場合は、告白されて初めて「異性」として認識します。その上で今後お付き合いをしていけば、行動や態度が好ましく感じるかも知れません。ですので、お付き合いしてみるのも良いかもしれません。

ただし、必ず「私は今あなたのことが好きではない」という旨を伝えましょう。また、例えば「今まで異性として認識していなかった」など理由も伝えた上で、それでも良いなら、と相手に聞きましょう。

好きじゃない男性から告白された時のスマートな対応

好きではない男性であっても、告白してくれたことには必ずお礼を言いましょう。また、お断りした後に相手の男性が自分と距離を置きたがっていたら、むやみに話しかけないようにしましょう。

相手の男性のプライドを傷つけたり、告白されたことを周りに言いふらしたりしては絶対にいけません。

Grapps編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加