[総体]30度目の出場狙う四中工や前回全国16強の三重ら8強が出そろう:三重

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/14

令和4年度全国高校総体(インターハイ)「躍動の青い力 四国総体 2022」男子サッカー競技三重県予選は14日に3回戦を行った。昨年度全国16強の三重高は相可高に2-0の完封勝利。30回目のインターハイ出場を狙う四日市中央工高は稲生高に11-0で快勝した。その他、近大高専、津工高海星高宇治山田商高、いなべ総合学園高、四日市工高がベスト8進出を決めている。

【三重】
[3回戦](5月14日)
四日市中央工高11-0 稲生高
桑名西高 1-1(PK8-9) 近大高専
津工高4-0 四日市南高
津西高 1-3海星高
三重高2-0 相可高
四日市四郷高 2-4宇治山田商高
いなべ総合学園高 2-1 伊勢工高
伊勢高 2-4四日市工高

[準々決勝](5月21日)
四日市中央工高- 近大高専
津工高-海星高
三重高-宇治山田商高
いなべ総合学園高 -四日市工高
伊勢高 -四日市工高
●【特設】高校総体2022

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加