新庄日本ハムが連敗 九回代打策空回り、反撃できず

新庄日本ハムが連敗 九回代打策空回り、反撃できず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

4回、アルカンタラの本塁での判定に対し、リプレー検証を要求する新庄ビッグボス(撮影・高部洋祐)

「オリックス3-1日本ハム」(6日、京セラドーム大阪)

日本ハムは打線がつながりを欠き、2連敗となった。

初回に今川の適時打で先制したが、その裏に逆転を許すと、二回以降は沈黙。新庄監督は2点を追う九回は無死一、二塁で万波に代打・清水を起用し、送りバントを試みたが、痛恨の失敗。この後、死球で1死満塁となり代打・近藤を送ったが、見逃し三振。最後は清宮が凡退し、試合終了となった。

オリックスは東が六回途中1失点の力投でプロ初勝利。九回は本田が1死満塁のピンチをしのぎ、逃げ切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加