1990年11月21日、グラフィック性能が大きく進化した「スーパーファミコン」が発売されました:今日は何の日?

1990年11月21日、グラフィック性能が大きく進化した「スーパーファミコン」が発売されました:今日は何の日?

  • Engadget
  • 更新日:2020/11/21
No image

1983年7月に発売されたファミコンの後継機として誕生したのが、「スーパーファミコン」。

この新型家庭用ゲーム機が発売されたのが、1990年の今日です。

ファミコンは発売から長い間人気を集めていましたが、1987年にPCエンジン、1988年にメガドライブが発売されると、画面の美しさや内容で見劣りするようになってきてしまいました。

この状況を打破するため、任天堂が新たなゲーム機として投入したのがスーパーファミコンです。ソフトの互換性はありませんでしたが、3万2768色対応、キャラクターを動かしやすいスプライト、演出効果の高い多重スクロール、回転、拡大、縮小などを装備し、とくにグラフィックの進化に驚かされました。

もちろん、CPUやメモリー、サウンドも強化されており、ファミコンとは全く印象の違う、リッチな内容のゲームが作れるようになったのも強みです。こうした進化もあって、本体と同時に発売された「F-ZERO」や「スーパーマリオワールド」と共に、人気となりました。

2017年の10月に、復刻版レトロゲーム機として「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売され、二十数年ぶりに懐かしのゲームをプレーした……という人も多かったのではないでしょうか。

11月21日のおもなできごと

1990年、任天堂が「スーパーファミコン」を発売
1998年、カシオ計算機が「CASSIOPEIA FIVA MPC-101」を発売
2000年、インテルが「Pentium 4」を発表
2009年、任天堂が「ニンテンドーDSi LL」を発売
2015年、ソニーが電子ペーパー時計「FES Watch」の店頭販売開始
2017年、任天堂が「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の配信開始

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加