ポルノグラフィティ“THE FIRST TAKE”で新曲「テーマソング」歌唱 「想いが届けられたら」

ポルノグラフィティ“THE FIRST TAKE”で新曲「テーマソング」歌唱 「想いが届けられたら」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2021/09/15
No image

「THE FIRST TAKE」に再登場するポルノグラフィティ

15日午後10時からYouTube上でプレミア公開

ポルノグラフィティが15日、新曲「テーマソング」をYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で、午後10時よりプレミア公開で披露することが分かった。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取り、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティーを楽しむことができるYouTubeチャンネル。一昨年にローンチし、チャンネル登録者が499万人(15日時点)を突破、さらに動画総再生数が13億回を超えるなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

第151回となる今回は、先日の「サウダージ」の披露が公開から10日で再生数が650万回を超えるなど、大反響を呼んだポルノグラフィティが再び登場。

“誰のせいでもなく、誰のためでもなく、自分自身の人生のために。その胸は震えているか?”と問いかける、ポルノグラフィティ自身への、そして現代人へのメッセージを込めた新曲「テーマソング」を一発撮りでパフォーマンスする。

メンバーの岡野昭仁は、「こんな時だからこそ、ミュージシャンができることは皆さんにエールを届けることじゃないかなと改めて感じました。微力かもしれませんが、この曲でそんな想いが届けられたらと思います」とコメントしている。

ポルノグラフィティの新曲「テーマソング」は22日リリース。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加