先制2ランのソフトバンク・栗原「めちゃくちゃ緊張してました」 PS初安打が貴重な一発

先制2ランのソフトバンク・栗原「めちゃくちゃ緊張してました」 PS初安打が貴重な一発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇SMBC日本シリーズ2020第1戦 ソフトバンクー巨人(2020年11月21日 京セラD)

No image

<巨・ソ>2回無死一塁、先制2ランを放った栗原はTVカメラに向かって“ケバブポーズ”(撮影・岡田 丈靖)

ソフトバンクが先制した。0―0で迎えた2回だった。先頭のグラシアルが右前打で出塁。栗原が2ボールからの3球目のスライダーを右翼席に運んだ。3球連続のスライダーをファーストスイングで仕留めた栗原は「めちゃくちゃ緊張していました。ファーストストライクから思い切って打ちにいこうと思っていましたし、チームも先制出来て良かったです」と話した。

ロッテとのクライマックスシリーズでは5打数無安打。栗原にとってポストシーズンを通じて初安打が、日本シリーズという大舞台での貴重な先制アーチとなった。

「自分のベストを出せるように。短期決戦なので、一打席に集中しながら、ダメでも切り替えることを意識していく」と話していた栗原。菅野については「日本を代表する投手と戦える。やってやるぞというか、気持ちが入っています」と気合十分に話していたが、迷いのない思い切りの良いスイングだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加