AMDが「Zen 3」採用のモバイル向けCPU「Ryzen 5000」シリーズを発表

AMDが「Zen 3」採用のモバイル向けCPU「Ryzen 5000」シリーズを発表

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/01/13
No image

AMDのRyzenシリーズはパソコン向けCPUとして好調で、パソコン業界での存在感を増しています。そんなAMDがCES 2021で新型CPUを発表しました。最新の「Zen 3」アーキテクチャを採用したRyzenシリーズのモバイル向けCPUです。

薄型ノート向けとゲーミングノート向けの2ライン

新しいRyzenシリーズのCPUは「Ryzen 5000」シリーズと呼ばれ、薄型ノート向けとゲーミングノート向けの2ラインで構成されます。

薄型ノート向けのフラッグシップである「Ryzen 7 5800U」には8コア/16スレッドのCPUコアが搭載され、最大4.4GHzのブーストクロックを実現しています。

競合するIntelのCore i7-1185G7と比較すると、PCMark 10のDigital Contents Creationで18%、Adobe Premiereのビデオエンコーディングで44%、PCMark 10のApplicationで7%、Blender 3D Raytracingで39%高速とのことです。

また、バッテリー駆動時間も改善され、一般的な使用では最大17.5時間、動画の再生で最大21時間の駆動を実現しています。

ゲーミングノート向けのフラッグシップには「Ryzen 9 5900HX」と「Ryzen 9 5980HX」が存在します。いずれも8コア/16スレッドで、合計20MBのキャッシュ、45W以上のTDPとなっており、最大クロックは前者が4.6GHz、後者が4.8GHzです。

競合するIntelのCore i9-10980HKとの比較では、Ryzenのほうが13%~35%性能が高く、CPU負荷が高い最新のオープンワールドアクションRPG「Horizon Zero Dawn」で、100fps以上のフレームレートを達成できるとしています。

150種類のノートパソコンで採用予定

これまでのRyzen 3000シリーズは70種類のノートパソコン、Ryzen 4000シリーズでは100種類のノートパソコンで採用されました。これに対して、Ryzen 5000シリーズは150種類のノートパソコンで採用見込みだとのことです。

Ryzen 5000シリーズは7ナノメートル(nm)プロセスで製造され、搭載製品の提供開始は、2021年第1四半期(1月~3月)を予定しています。

Source:THE VERGE
(ハウザー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加