岡咲美保「積み上げた時間は無駄ではなかった」有言実行させた“声優になりたい”

岡咲美保「積み上げた時間は無駄ではなかった」有言実行させた“声優になりたい”

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

岡咲美保 ※提供写真

声優・岡咲美保が2021年9月15日(水)にデビューシングル「ハピネス」をリリースする。このほど、そんな岡咲にインタビューを実施し、声優を目指したきっかけや歌手デビューについてなどを聞いた。中学時代に「いろんなキャラクターを演じられる」という理由で声優に憧れを抱き、見事に「声優になりたい」という夢を実現された岡咲は、「積み上げた時間は無駄ではなかった」と学生時代を振り返る。

【写真を見る】初々しい笑顔…!岡咲美保「ハピネス」のジャケット写真

「いろんなキャラクターを演じられる」声優に憧れた理由

――岡咲さんが声優を目指したきっかけは何だったんですか。

自分が中学生の時にバドミントン部に入ったのですが、人見知りで友達ができなかったんです。どうしようかなと思っていたときに、お友達になりたいなと思っていた女の子たちが、アニメとかボーカロイドの話題で仲良く話していて。それがきっかけで自分もアニメを見るようになって、その女の子たちもお友達になることができました。アニメを見始めて、すぐに「声優って面白い職業だな」と興味を持ち、そのお仕事について勉強していくうちに「私もやってみたい」という夢になったんです。

――声優のどういったところに惹かれたんですか。

アニメを見ていたときに、「作品ごとにいろんなキャラクターを演じられる、いろんなものになれるってすごく素敵なことだな」と思って。自分も幼いころから本読みとか、声を出すことが本能的に好きで、昔はころころと将来なりたいものが変わる子だったので、キャラクターを通していろんなものになることができる声優というお仕事に強く惹かれました。

――今回、歌手デビューされるわけですが、歌うことは昔から好きだったんですか。

もともと小さいころから歌うことが好きだったみたいで、記憶もない3歳ぐらいの保育園のメッセージカードに、「美保ちゃんはいつも音楽かけてと言って、楽しそうに歌って踊っています」と先生からのメッセージが書かれてました(笑)。中学生くらいから、アニメソングやボーカロイドの曲を聴くようになり、その世界に自分も魅了されていきました。

――その当時によく歌っていた曲はありますか。

たくさんあるのですが、水樹奈々さんに当時から憧れていたので、それを知っている友達から、「水樹奈々さんの曲歌うの?聴かせてよ」と、言ってもらえることもあって、水樹さんの曲はよく歌っていました。十八番は「ETERNAL BLAZE」で、みんなちゃんと曲に浸って聴いてくれたので、私も楽しくて身振り手振り交えつつ全力で歌ってました!(笑)。

高校時代に出場した「NHKのど自慢」、憧れの水樹奈々と初対面

――水樹奈々さんの曲といえば、岡咲さんは高校時代に「NHKのど自慢」に出演し、水樹さんの目の前で「DISCOTHEQUE」を披露されていましたね。応募のきっかけは何だったんですか。

「のど自慢」に応募したきっかけは、「水樹奈々さんが地元に来てくださる!」っていうことです(笑)。自分は当時岡山にいたんですが、「岡山に水樹さんが来るなんて」とワクワクしてしまって。水樹さんをこの目で見たいという理由で、人前で歌うというのもあまり深く考えずに応募してしまいました。

――見事に予選を通過して、本番を迎えたわけですが、いかがでしたか。

以前から、出演されているTVやライブ映像は拝見していたのですが、水樹奈々さんを生で見たのは初めてで、号泣してしまって。急に泣き出したので、周りの方はすごくびっくりしていました。本番で水樹さんは、駆け寄って来てくださって、「振りも完璧だったね」というようなことを言ってくださって、本当に優しくて、自分のパフォーマンスを見てくださったというだけで、すごく感激というかうれしかったです。

――その「NHKのど自慢」で、「声優になります」と宣言されていましたが、見事に声優になり有言実行されました。声優という夢を叶えるためにやっていたことをお教えください。

振り返ってみると、学業と両立していたので、いかに空いた時間を埋めるかが大切だったのかなと思います。部活が終わって家に帰って「声優になるためには」みたいな本を読んで色々と試してみたり、まずは出来ることから自分なりに練習していました。無駄なこともあったのかもしれないですけど、たとえ技術的には直接結びついていなくても、積み上げた時間は無駄ではなかったなとすごく思います。

親も応援してくれて、今考えると恵まれた環境ではあったと思います。しかし、1人で黙々と録音して「うーん違うな、なんで上手くできないんだろう」と悶々とする時間は、特に学生のときは長く長く感じました。そこまで情熱を注げられたのは、声優になりたいという夢がすごく大きかったからで、とても大切なことだったんだと。本当に好きなことだから頑張れたんだと思います。

――そして今回、CDデビューをされるわけですが、歌手デビューを聞いた時の心境はいかがでしたか。

めちゃくちゃびっくりしました。もともと声優になりたいと思っていて、実際に声優になれて、さらに頑張っていくぞという段階で、歌でも表現できる場所をいただけるなんて。いつかは自分の歌を歌えたら最高だなと夢見ていたんですけど、本当にそういった機会をいただけて驚きました。

――しかも憧れの水樹奈々さんと同じレーベルでのデビューとなりますね。

本当に嬉しかったです。最初に知った声優が水樹奈々さんでずっと憧れの人なので、同じレーベルでなんて夢のようですし、頑張るしかないと思いました。実は声優になってから一度も水樹奈々さんにお会いしたことがないので、いつかはちゃんと、声優としてごあいさつしたいです!

声優と歌手で違う“声の出し方”「どう表現するのが良いんだろう」

――声優としての声の出し方と、歌手としての声の出し方は、やはり違うのですか。

そうですね、感覚的には異なります。声優として声を出す作業と歌を歌うことは、頭の働き方や筋肉の使い方が、自分の中では全然別物ですね。レコーディングでは、自分の声で歌うということへの不慣れさも自分に感じました。もちろん普段の自分も、うれしいときと悲しいときでは話し方が違うし、声優としていろんな役を演じさせていただいているので、自分の中の引き出しの数もなんとなくは把握しています。そういった中で、「果たしてこの曲を歌う時に、どう表現するのが良いんだろう」と試行錯誤しました。

――そういった試行錯誤がありつつも完成した楽曲を聴いたときは、どういう心境でしたか。

レコーディングするまでは「やらなきゃ、良いものをつくりたい」という思いに突き動かされていたので、精一杯でした。でも完成してから落ち着いて聞いてみると、「ちゃんと私の歌で楽曲を表現することができた」という実感がすごくありました。

その一方で、もちろん私が精一杯体当たりした結果ではあるんですけど、プロの方々の凄さを痛感しました。楽曲をつくっていただき、レコーディングではより良くなるようにディレクションをしてくださって。これからも作品を残していけるように頑張ろうと思いましたし、ひとつひとつの思い入れがすごく強いです。今までに味わったことのない感覚でした。

――デビューシングル「ハピネス」には3曲収録されています。それぞれの楽曲の魅力をお聞かせください。

「ハピネス」は中学生の頃から大好きな曲をたくさん作られていた、DECO*27さんに作詞作曲していただきました。メロディーも歌詞も、曲名の通り、すごく幸福感のある曲です。さらには、自分の周りに広がる景色を見つめて、幸せに向かって歩いていくという曲の姿勢が、自分の思いにも通ずるものがあります。すごく自分が大切にしていることを歌っている曲ですね。

「Popping Moments」はロックサウンドです。リズムのビートに、ボーカルで乗っかっていく爽快感を、レコーディングのときからすごく感じました。歌詞も素直で、青春ならではの真っ直ぐさを大切に歌わせていただきました。

「MY SPIRAL」は前奏から特徴的なデジタルサウンドが、耳にすごく残るんですよね。歌詞も「ぐるぐる」が印象的に繰り返されています。「これはどういうぐるぐるなんだろう」と、言葉を表現するという点でも、工夫しました。さらには、まさに今私がアーティストにも挑戦する中で、ぐるぐるしている様子にも重ね合わせていましたね(笑)。

――最後に、“歌手・岡咲美保”としての目標をお聞かせください。

10月3日に発売記念オンラインリリースイベントをYouTube Liveで開催するのですが、そこでミニライブコーナーもやります。自分の中ではお披露目というか、決意表明という気持ちが強いですね。すごくドキドキ、ワクワクしてますし、ライブのことで実は頭いっぱいです(笑)。これからについては、まずは自分が今回頂いた3曲を大切に歌い続けたいです。そのうえでの目標として、皆さんに元気や夢を与えられたり、いろんな気持ちにさせられたりする表現ができる人になりたいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加