TVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第7話の先行カットが到着。ゴウセルがマエルの精神世界に侵入!

TVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第7話の先行カットが到着。ゴウセルがマエルの精神世界に侵入!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/02/22
No image

第7話「希望と葛藤と絶望」より (C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

テレビアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第7話の先行カットとあらすじが到着しました。

第7話「希望と葛藤と絶望」より

<第7話「希望と葛藤と絶望」あらすじ>4つの戒禁と融合し、異形の姿となったマエル。マエルの強大な力を前に一時追い詰められたキングだったが、「妖精王・ ハーレクイン」として覚醒しその真の力をふるう。霊槍を同時に複数発動させられるようになったキングは、ついにマエルを追い詰める。しかし、ゴウセルはその最中でも自らの行いを悔い、マエルを救うチャンスを探る。そして、ゴウセルはマエルの精神世界に“侵入”し、対峙することを選ぶのだった。

第7話「希望と葛藤と絶望」は、2月24日(水)17時55分からのテレビ東京系を皮切りに、BSテレ東、AT-X、アニマックスでも放送。

Netflixで2月24日(水)18時35分から配信されるほか、各配信サイトで順次配信されます。

原作は「週刊少年マガジン」で連載中の人気コミックで、本作はTVアニメシリーズ最終章。メリオダスとエリザベスの旅路は、ついに結末へ——。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加