【日本代表】鎌田大地「格別なゴール」でアメリカを撃破! W杯へ向けてトップ下で躍動!

【日本代表】鎌田大地「格別なゴール」でアメリカを撃破! W杯へ向けてトップ下で躍動!

  • サッカーマガジンWeb
  • 更新日:2022/09/23
No image

カタール・ワールドカップへの準備を進める日本代表が、選手選考とチームの底上げを狙う9月シリーズ。23日にドイツのデュッセルドルフでアメリカ代表とテストマッチを行った。4-2-3-1システムで臨んだ日本は鎌田大地がトップ下に入って躍動、日本のさらなる可能性を提示した。

上写真=鎌田大地は20試合目の出場で6点目(写真◎Getty Images)

[ 関連記事を読む - 鎌田大地 ]

■2022年9月23日 国際親善試合(@デュッセルドルフ・アレナ) 日本 2-0 アメリカ 得点:(日)鎌田大地、三笘薫

「もう少しシュートを決められるようにならないと」

やはり鎌田大地にはトップ下がよく似合う。

25分の先制ゴールがハイライトだ。中盤で守田英正がプレスをかけると相手がミスしてこぼし、拾った伊東純也がゴールへ向かってドリブル、切り返したボールを守田が受けて左へ流すと、ゴール前に入っていた鎌田大地が冷静に右足でワンタッチで右に送り込んだ。VARチェックが入ったものの、ゴールが認められ、日本が先手を取った。

「代表でのゴールは格別だと思う」

それ以外にも強いインパクトを残し続けた。この日の日本は4-2-3-1の布陣でスタートし、鎌田はトップ下。得意のポジションでキックオフから躍動し、このゴールの前に2度、興味深い動きを見せた。13分に前田大然がプレス、パスミスを誘って久保建英が拾うと、鎌田はゴール前に入ってシュート、GKにブロックされたものの、前田が空けたゴール前のスペースにタイミングよく入っていく感性を見せた。ゴールの直前、23分には右サイドで伊東が時計回りにターンして前を向いたタイミングに合わせて、右のニアゾーンに走り抜けてパスを引き出し、シュートは打てなかったものの、相手の懐に潜り込むセンスが光った。

1トップに入った前田がスピードを生かして大きく動き、その空いたスペースを鎌田が取るコンビネーションが随所に光り、守備でもその前田がプレスを仕掛け、鎌田がこぼれ球を狙ってショートカウンターにつなげた。

後半は前半ほど攻撃のテンポが上がらなかったが、65分にも右からの久保のパスを左で受けて、カットインから右足で鋭く狙った。これはGKにぎりぎりではじかれて思わず手で顔を覆ったが、83分にも左からの中山雄太の折り返しに左足を振って、わずか左に外れたものの、86分に原口元気に代わるまで攻撃の中心であり続けた。

「今日は僕自身、得点チャンスが多かったので、1点決めてよかったけど、もう少し早めに2点目を取れたらチームは楽になったと思います。もう少しシュートを決められるようにならないとなと思っています」

フィニッシュワークの正確性を課題に挙げたものの、その直前までのアクションは出色。クラブでの好調ぶりを日本代表にも還元し、新たな可能性を広げた一戦になった。

[ アルバム : 【写真】前田大然は俊足を生かして攻め、プレスバックなど守備でも貢献(写真◎Getty Images) はオリジナルサイトでご覧ください ]

サッカーマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加