アーセナル、ウーデゴール慰留失敗なら代替案はノリッジMFか

アーセナル、ウーデゴール慰留失敗なら代替案はノリッジMFか

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/04/08
No image

写真提供: Gettyimages

アーセナルが、ノリッジ・シティ(イングランド2部)に所属するアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンティアの獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。

今冬にレアル・マドリードからレンタル移籍で加入し、すぐさま主力に定着したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの完全移籍切り替えを目指しているアーセナル。しかし、同選手は今夏にマドリードへ復帰予定であり、その去就は不透明となっている。

そうしたなか、ウーデゴールの慰留に失敗した場合に備えて、アーセナルは完璧な代替案として今冬にも関心を示していたというブエンティアに引き続き注目しているという。しかし、ノリッジは移籍金4000万ポンド(約62億2000万円)以下のオファーを拒絶する構えを見せているようだ。

現在24歳のブエンティアはヘタフェ(スペイン)でプロキャリアをスタートさせると、2018年夏にノリッジ入り。今季はチャンピオンシップ33試合の出場で12ゴール16アシストと圧巻の成績を収めているが、アーセナルは同選手の獲得に動くことはあるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加