【おちょやん】第90回見どころ 願いを込めて、千代は舞台に立つ

【おちょやん】第90回見どころ 願いを込めて、千代は舞台に立つ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/04/08
No image

福富の焼け跡にて。客の様子を見る千代(杉咲花)=連続テレビ小説『おちょやん』第18週・第90回より (C)NHK

NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。4月9日放送の第18週・第90回の見どころは?

【写真】焼け跡で芝居をする家庭劇一同

一平(成田凌)の電報で再結集した鶴亀家庭劇の面々。がれきの中でも芝居はできると、道頓堀の復興まで、旅一座として日本中を回るという新たな船出を決める。一方、亡き父・福助のトランペットと向き合おうとする一福(歳内王太)。千代(杉咲花)は旅立つ前に、福富楽器店があった場所で、みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の結婚のきっかけとなった芝居「マットン婆さん」を公演したいと提案する。みつえに笑ってほしい。願いを込めて、千代は舞台に立つのだった…。

本作は、大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子さんをモデルに、ヒロイン・竹井千代(主演:杉咲花)の波乱万丈な半生を、『半沢直樹』(2013年)などの脚本家・八津弘幸氏がオリジナルで描く。全115回(23週)。5月15日(土)が最終回(本編の最終回は5月14日、15日は最終週の振り返り)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加