『シン・ウルトラマン』と『シン・ゴジラ』世界線はつながっている? “特撮オタク”庵野秀明のディープなリスペクト

『シン・ウルトラマン』と『シン・ゴジラ』世界線はつながっている? “特撮オタク”庵野秀明のディープなリスペクト

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2022/05/14

平成「ガメラ」シリーズの特撮監督として知られる樋口真嗣が監督を務め、「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が脚本を手がける、樋口&庵野による“新解釈版ウルトラマン”こと『シン・ウルトラマン』が、いよいよ5月13日に公開された。

No image

この脚本・監督コンビは、『シン・ゴジラ』(2016年)に続いて第2弾。庵野秀明といえば、学生時代に自主映画『帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令』(1983年)を制作するなど、“特撮オタク”としても有名でもある。

庵野が「オタクも行くところまで行けばこうなる!」ということを体現したクリエイターのひとりであることは、「エヴァンゲリオン」シリーズからもひしひしと感じるし、彼の“クセ者感”は一般的にも知られていることだろう。

ウルトラマンを手がけることが夢であった庵野は、ウルトラマンのデザインを務めた美術総監督で彫刻家の成田亨が描いた、カラータイマーのないウルトラマンのデザインを“本来の姿”としてリスペクトしており、本作のウルトラマンもカラータイマーがそぎ落とされたデザインとなっているのが特徴だ。

今となってはウルトラマンを象徴的するアイテムでもあるカラータイマーをあえてなくすことで、従来の「ウルトラマン」シリーズとは大きく異っていながらも、本来の「ウルトラマン」が持つメッセージ性を取り戻すものとなっているのだ。

『シン・ウルトラマン』によって、「ウルトラマン=正義のヒーロー」という印象はリセットされるかもしれない。だが、それは「ウルトラマン」シリーズの否定ではなく、むしろ可能性を追求した結果だと知ると、今作の重みが増すに違いないだろう。

【ストーリー】
次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。禍特対による報告書に書かれていたのは……【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

徹底的なリアル路線で描く”ウルトラマン”という異星人

『シン・ゴジラ』は、“この日本に想定外の巨大生物が実際に現れたらどうなるか?”をリアルに描いたものだった。庵野作品の傾向からも、『シン・ウルトラマン』も“巨大な異星人が本当に現れたら~”という想定の元にリアル路線の物語になっていることは言うまでもない。

実はこのテイストは、松本人志の初監督作品『大日本人』(07)が先駆けて行っていた。個人的には嫌いになれない作品ではあるし、早すぎた『シン・ゴジラ』ともいえる作品だが、詰めが甘かったと言うべきだろうか、不完全燃焼によって、メッセージ性がいまいち伝わりきれなかったのが難点だった。また、今年には『大怪獣のあとしまつ』も公開されている。それこそ『シン・ゴジラ』のような本格SFとして期待値が高かったものの、まさかのコメディ映画で肩透かしを食らった人も多かったようだ(一部の好事家の間では良質なB級映画として人気を呼んだ)。

はてさて、映画やテレビを通して俯瞰的にウルトラマンを知っている観客としては、ウルトラマンが正義のヒーローだと理解できるのだが、実際に巨大な宇宙人(=ウルトラマン)が現れたとしたら、それが人類にとって希望となるのか、それとも脅威となるかはわからない。そのはざまで決断を迫られる人類の葛藤も描かれている。

このテーマは『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』(01)や『ULTRAMAN』(04)など、従来の「ウルトラマン」シリーズでも扱われていないわけでもないが、それでもどこかで、「ウルトラマン=絶対的なヒーロー」の印象は消しきれなかった。

「ウルトラマン」シリーズも初期作品は、社会問題が反映されており、社会風刺としての側面を感じさせるエピソードもあった(中にはトラウマになりそうなものも……)。しかし、シリーズが続くにつれ、ウルトラマンは“子ども向けのヒーロー”として印象を強めていき、いつしか社会的なメッセージ性は薄れがちになっていた。そういった経緯も含め、『シン・ウルトラマン』にはウルトラマンを本来の姿に戻す、本来のメッセージ性を持たせるという狙いがあるのだろう。

また、「にせウルトラマン」に変身して混乱をもたらしたザラブ星人やメフェラス星人が登場することから、怪獣(禍威獣)からの脅威だけではなく、侵略問題についても触れており、図らずもタイムリーな問題として、ウクライナ軍事侵攻を連想するものにもなっている。

本作の公開を前にして、今年2月には『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン』『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』のユニバース(世界観)を共有する企画「シン・ジャパン・ヒーロー・ユニバース」プロジェクトが発表された。

しかし、このプロジェクトに関しては、商品展開を見据えて、あくまでキャラクター展開としてのコラボ企画のように感じられる。今までにも一番くじの企画や、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションなど、積極的に展開されてきていたものを、より具体的に表明したものと見られる。作品自体がつながることは、権利関係上では難しいこともあるだろう。

ところが、『シン・ゴジラ』と『シン・ウルトラマン』に関しては、はっきりとは言及されていなくても、世界線がつながっている可能性を感覚的に否定できない。

今作に登場する禍特隊も、『シン・ゴジラ』の後で、怪獣(禍威獣)に対抗できる組織を作る必要に迫られたという設定であれば、自然な流れにも感じられる。それがゴジラのことだとあえて言及はされなくても、観客側が感覚的につなげることは可能だ。

実は『ウルトラマン』においても、54年の『ゴジラ』につながる裏設定が存在している。67年に出版された『怪獣大全集1:円谷怪獣の秘密』(ノーベル書房)によると、科学特捜隊のムラマツキャップは、ゴジラの生態研究で知られる山根博士の助手をしていたことになっている。

児童誌やムック本の設定情報は、たびたびブレることがあるし、『ウルトラマン』と『ゴジラ』は正式な続編としては認知されていない。もちろん、作中で言及されることもない。だが、そういった裏設定があるのは事実だ。

これを特撮オタクである庵野が知らないとは思えないだけに、『シン・ゴジラ』の世界の延長線上の物語として、『シン・ウルトラマン』が存在する可能性は否定できないのだ。

『シン・ウルトラマン』
2022年5月13日(金)公開
■出演:斎藤 工 長澤まさみ 有岡大貴 早見あかり 田中哲司 / 西島秀俊 山本耕史 岩松 了 嶋田久作 益岡 徹 長塚圭史 山崎 一 和田聰宏
■企画・脚本:庵野秀明
■監督:樋口真嗣
■音楽:宮内國郎 鷺巣詩郎
■主題歌:「M八七」米津玄師
©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

映画公式サイト:https://shin-ultraman.jp
映画公式Twitter:@shin_ultraman

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加