密漁“ナマコ”売りさばいたか「ナマコ密漁事件」共犯とみられる男逮捕「密漁したものとは知らなかった」と否認

密漁“ナマコ”売りさばいたか「ナマコ密漁事件」共犯とみられる男逮捕「密漁したものとは知らなかった」と否認

  • TUFテレビユー福島
  • 更新日:2023/01/25
No image

福島県いわき市の小名浜港周辺で、ナマコを密漁したとして男2人が逮捕された事件で、新たに共犯者とみられる58歳の男が逮捕されました。

【写真を見る】密漁“ナマコ”売りさばいたか「ナマコ密漁事件」共犯とみられる男逮捕「密漁したものとは知らなかった」と否認

漁業法違反の疑いで逮捕・送検されたのは、いわき市小名浜の海産物販売業・鈴木隆矩容疑者(58)です。

この事件は、1月21日午前7時ごろ、いわき市の小名浜港周辺で、採捕が禁止されている特定水産動植物の「ナマコ」434個(約171キログラム)を不法に採った漁業法違反の疑いで、いわき市小名浜の職業不詳・柳内健治容疑者(64)といわき市江名の職業不詳・菅波正行容疑者(72)が逮捕・送検されたものです。

新たに逮捕・送検された鈴木容疑者は、事件当時現場にはいませんでしたが、福島海上保安部による捜査で、関与が明らかになったということです。

福島海上保安部は、鈴木容疑者がナマコを売りさばいたとみて捜査していますが、鈴木容疑者は取り調べに対し「密漁したものとは知らなかった」と容疑を否認しているということです。

福島海上保安部では、引き続き事件の捜査を続けると共に、密漁などの取り締まりを強化していくことにしています。

※画像は福島海上保安部提供

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加